2022-05

スポンサーリンク
Instrument

【日本楽器歴史】電子太鼓 : Roland 現代楽器

電子太鼓はローランドから、世界初となる“担ぎ桶”スタイルの電子和太鼓。桶胴太鼓、長胴太鼓、締太鼓など数々の太鼓音色を収録した電子和太鼓でヘッドホンを使ってひとりで練習可能なものです。これは非常に画期的な楽器で、太鼓はとても音が大きい楽器であることから、これまで自宅で練習することは不可能でした。
Instrument

【南米楽器歴史】モセーニョ : 民族楽器

モセーニョはペルーやボリビアなどで使われている吹奏楽器です。横笛でサイズにはさまざまなバリエーションがあります。ボリビアのモホサ州で生まれたと言われており、その後、アンデス地域へ伝播していったとされています。
Instrument

【日本楽器歴史】ボイストレーニング防音室 : 現代楽器

ボイストレーニングは歌手や歌手を志望する人にとって毎日やるもの。しかし人の声というのは集合住宅においては騒音となり、場合によっては家を追い出されることもあり得ます。そんななか、どうやって、家でボイストレーニングを続けられるのかを考える必要があります。日本では防音室を開発しているメーカーがあり、YAMAHAを筆頭にいくつかの会社が販売しています。
Instrument

【日本楽器歴史】サイレントギター : YAMAHA 現代楽器

サイレントギターは自宅練習でも、旅先でも、スタジオでも練習できるギターです。時間や場所を問わず練習できることから、練習用ギターとして広く流通しています。自宅でのギター練習にはどうしても防音の問題が発生してしまいますが、サイレントギターはその心配がないのです。
Audition

【オーディション】歌手になるには? 会社員の場合

歌手になるというのは非常に厳しい世界であることは間違いありません。100人が目指したとしたらそのうちの9割は脱落する世界です。しかし成功者になるためにはそれでも挑戦し続けなければなりません。今回は学生から社会人になり、一般企業などで就業している人がどうやって歌手になればいいのかを記事にしています。
Audio

【オーディオ】イタリアとオランダのイヤホン・ヘッドホンメーカーおすすめ

イタリアというとあまりイヤホンやヘッドホンというイメージがない人は多いかもしれません。一般的にイヤホンやヘッドホンというと、アメリカやイギリス、日本、スウェーデンなどをイメージする人が多いでしょう。しかしイタリアでもイヤホンメーカー、ブランドとして名前を上げている会社は増えてきています。意外といい商品が見つけられるかもしれません。
Audio

【オーディオ】スウェーデンイヤホン・ヘッドホンメーカーおすすめ

スウェーデンは北欧ブランドのイヤホンメーカーが多数持っている国です。北欧のイヤホンはとてもおしゃれなものが多く、人気がある会社が多いのが特徴。ヨーロッパ人を筆頭に、北米でもスウェーデンのイヤホンやヘッドホンを使う人がいます。
Audio

【オーディオ】フランスイヤホン・ヘッドホンメーカーおすすめ

フランスのイヤホン、ヘッドホンメーカーは多数あります。そのなかでも有名な会社のヘッドホン、イヤホンは世界的に評判がよく、高品質であることが知られています。そのなかでもFocalなどのイヤホンは認知度も高くとても性能の高いオーディオ製品を製造していることで知られています。
Audition

【オーディション】歌手になるには? 学生の場合

歌手というのはあこがれの職業の一つ。どの国であろうと、歌手を目指す人というのはいくらでもいるのです。人気職業であるがゆえに競争の激しい、非常に厳しい世界であることも知られています。有名な歌手を見た人たちは、自分も同じようになりたいという願望を持つ人も多いはずです。
Audition

【オーディション】40代、50代でも歌手になれるのか?実例

歌手になるにはとても高いハードルを越えていかなければなりません。年齢で制限を受けやすい日本や韓国などでは30代になると厳しいですが、それ以外の地域では年齢差別を受けることもないのです。40代になってもアーティストになっている人は実際に存在します。
スポンサーリンク