スポンサーリンク

【音楽ジャンルと世界音楽市場】ADMとは? ダンスミュージック 

General
スポンサーリンク

ダンスミュージックと言えばEDMでしょう。2000年代に入って若者を筆頭にとても強いジャンルになって、ヨーロッパ全土で流行していました。しかしここ近年はこれとはまた違うジャンルでADMと呼ばれる音楽ジャンルが流行してきています。ダンスミュージック・シーンの新トレンドとされており、まだまだ歴史は浅いですが、これからのダンスミュージックの中心になると言われています。

スポンサーリンク

ADMとは?

ダンスミュージックシーンの歴史を塗り替えるほどの爆発的人気を誇ったEDMが衰え始めたここ数年で入れ替わるように出てきたのがADM。ADMとはアコースティック・ダンス・ミュージックの略称です。生楽器による演奏にボーカルが入り、そこにダンスミュージックがミックスされるジャンルを指しています。比較的ダウンテンポで、美しいメロディーとボーカルが特徴とされており、電子音ではなく生演奏をするというのが大きな違いです。ヨーロッパではアコースティックな楽器の音を取り入れて、緩めの曲調のADMという音楽が流行ってきています。このような音楽は本来EDMに分類されますが、人気が出てきたことからADMと呼ばれるようになってきています。まだまだ生まれてから歴史が浅いため、勝たれるほどの歴史はありませんが、これから流行することは間違いなしと言われています。

「ナユタス」東証一部上場グループが運営するボイトレスクール

ADMのアーティスト

Mako

今最もホットなアーティストとして注目を浴び始めています。ピアノの切ない旋律に乗せて、ボーカルがバラードのように歌い上げながら、バックサウンドはEDMの匂いがする曲です。サビの部分では高揚感を得ることができるサウンドです。

作曲、編曲に挑戦できる!

KAYTRANADA

カナダのアーティストでADMの代表的なミュージシャン。ゆるめのハウスに近いサウンドになっており従来のEDMとは全く違ったサウンドであることがわかると思います。かつての4つ打ちEDMはもはや流行とは言えない?

The Chainsmokers

DMの代表的なアーティストでもあるThe Chainsmokers。ヒットソングを聞けばわかる通り、随所にアコースティックサウンドを取り入れています。前から、このジャンルの曲自体は少ないですが存在していました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました