スポンサーリンク

【オーディション】歌手になるには サッカー選手から歌手になった人

Audition
スポンサーリンク

歌手になるということはとても難しいことです。目指している人はたくさんいますが、実際に歌手になれる人はほんの一握りです。そのため、ほとんどの人が脱落してしまうのです。しかし諦めなければ実現できることも事実です。今回はそんな歌手志望の人に参考になる記事かもしれません。今回はサッカー選手が歌手になったという事例を紹介します。サッカーと音楽では全くもって違う世界ですが、30歳、40歳を過ぎても歌手になっている人はいるのです。

スポンサーリンク

歌手になるための方法

歌手になるためにはまず行動しなければなりません。具体的な方法は下記記事を参考にしてみてください。

サッカー選手と音楽

サッカーと音楽は全く別次元の世界です。サッカーは肉体労働であり、運動能力が高くなければ絶対にプロにはなれません。音楽はそもそも音楽センスがなければ、全く相手にされません。この全く畑違いの世界でありながらも2つの職業に就くことができてしまった人というのは実在します。これから歌手を目指す人は現在全く違う職業をしていたとしても、歌手になれる可能性があるのです。それはサッカー選手が実証しています。

サッカー選手

サッカー選手というのは基本的に若いころに練習し、10代から20代前半のうちにプロになれなければ、道は絶たれます。サッカー選手は90分ずっと走り続けなければならない職業で、30代を超えると非常に体力的な面で競技ができなくなってしまいます。

歌手

歌手はサッカー選手に比べると、恵まれています。肉体労働ではないため、30歳、40歳になってもなれるチャンスがある職業です。そのため、あきらめなければチャンスがあると言える職業でしょう。

歌手になったサッカー選手

Neymar

ブラジル代表のサッカー選手であるネイマールはジャスティン・ビーバーと親交があり、音楽が大好きです。2016年には自らも歌手としてデビューを果たし、曲を出しています。

Memphis Depay

オランダ代表選手のデパイは、2017年6月にラッパーとしてデビュー。オランダ代表のチームメイトであるクインシー・プロメスと共に『LA Vibes』という曲を発表しています。

Kevin-Prince Boateng

元ガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテングも、ラップの世界に足を踏み入れています。2018年に「King」という曲をリリースし、ラップ界でのデビューを果たし「Ty Elliot」という人気アーティストと組み、2曲目となる「Bella Vita」を発表してます。

Sergio Ramos

スペイン代表DFセルヒオ・ラモスは2018年に「SR4」というアーティスト名でラップ曲をリリースしています。音楽好きであるラモスは試合前に必ず音楽を聴いていると言います。

Lukas Podolski

元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ。ポドルスキはドイツのバンド「Cat Ballou」と共に「Liebe deine Stadt」という曲をリリース。この曲は発売初日にiTunesダウンロード数1位をしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました