スポンサーリンク

【アメリカ楽器歴史】バリトンギター : ギターの亜種

Instrument
スポンサーリンク

バリトン・ギターと言うものを知っていますか?バリトン・ギターはアメリカの楽器メーカーが開発したもので、ギターの仲間の中に入ります。バリトン・ギターと言っても明確な定義があるわけではありません。特徴としては通常のギターよりも長いスケールを持っているという点があります。

スポンサーリンク

バリトンギターの起源

バリトンギターが生まれた場所はアメリカです。

バリトンギターの歴史

バリトンギターは1950年頃にアメリカのギターメーカーである、ダンエレクトロが開発しました。ダンエレクトロとは、アメリカの楽器メーカーで、ギター、ベースギター、アンプ、エフェクターなどの開発に特化した楽器メーカーです。

1950年代に世界で初めて生まれたバリトンギターは、当時それ程注目もされておらず、売れ行きも部妙な状況でした。ただし、ビーチボーイズのヒットソングであるdance dance danceで、バリトンギターが使われたことから、アメリカ全土で注目を浴びるようになったのです。非常に特有な音色が出るこのギターは、カントリーミュージックや映画のサウンドトラックでとても多用されるようになり、商業音楽の世界でもたくさん使われるようになったのです。バリトンギターは現在のアメリカにおけるカントリーミュージックでのよく使われる定番の楽器となり、アメリカ人のよく知る楽器の一つとなりました。1990年代になると、ロックの全盛期を迎え、バリトンギターはヘヴィメタルやパンクなど色々なジャンルで使われる楽器となり、大衆音楽の世界でも主流の楽器となりました。

マンツーマン指導【椿音楽教室】

バリトンギターの特徴

バリトンギターは低音域のギターサウンドが最大の特徴です。ネックの幅が通常のギターより広く、コードフォームがノーマルギターと違ってきます。調弦に関して言えば、C–F–B♭–E♭–G–CやB-E-A-D-F#-B、さらにはA-D-G-C-E-Aが使用される傾向にあります。バリトンギターは低音域を表現するためにネックを長くしており、これにより低音域の表現が可能になっています。ギターメーカーとして有名なフェンダー社のギターよりも長い27-8インチ程度のスケールを持つギターをバリトンギターと呼ぶ傾向にあります。バリトンギターはアメリカのギターメーカーを中心に多数の楽器メーカーが製造をしています。

楽器総合小売店の石橋楽器店!ギターから電子ピアノ、管楽器、民族楽器まで品揃え豊富!

バリトンギターの取り扱いメーカー

バリトンギターはアメリカの楽器メーカーを筆頭に多数のメーカーが取り扱っています。有名なメーカーでそれぞれ多数のタイプが製造されており、たくさんのプレイヤーが今も誕生しています。タイプとしては27インチから30インチのあたりの物がとても多いです。フェンダー社が一番多くのバリトンギターを生み出しています。

Fender

Danelectro

Ibanez 

コメント

タイトルとURLをコピーしました