スポンサーリンク

【音楽BGMと職場】仕事でBGMが邪魔になる職業

General
スポンサーリンク

BGMは生産性向上のための取り組みとして会社内で流しているところが多いです。最近では、音楽が従業員の心理面に及ぼす好影響に着目して、オフィスでBGMを流す企業が増えています。実際に、BGMが流れているオフィスでは集中力が上がったり、モチベーションが上がる人が多いです。しかしその一方で、BGMを流すことで効率が下がってしまう職種もあります。

スポンサーリンク

単純なBGMが仕事に向いてる

曲の構成が簡易であるものが職場に向いているBGMと言えます。これは音階の変化があまりない曲、音の数、音色の数が少ない曲がそれにあたります。ジャズ、ヒーリング、アンビエント、クラシックなどがまさによい例です。単純な音楽は、シンプルな楽器が演奏されるため、メロディーはあまり頻繁に変化せず、テンポも遅くなる場合が多いため、気持ちも落ち着きます。その一方で悪い例としてはポップスやロック、アニメソングなどです。これらの曲は作業効率を上げるどころか、従業員に不快感を与えます。頻繁にメロディーも変化する傾向にあり、テンポも速くなりがちで急かされるような印象を与えてしまうのです。

BGMが邪魔になる職業

単純作業をする職業の人にとって音楽は有効と言えるでしょう。事務職や、工場のライン作業、データ入力などは音楽は相性がいいです。しかしその一方で仮にジャズ、ヒーリング、アンビエント、クラシックなどを流しても、職種によっては作業効率を下げてしまう可能性があります。多くの精神的能力や頭脳力を必要とする職業がそれにあたります。頭脳労働の場合は、無音状態の方が作業効率が上がる可能性が高いです。どのような職業が該当するのかを書きに挙げています。

データサイエンティスト

統計の仕事をする人がこの職業です。データ分析をして、その結果を次の経営方針に反映させたりします。大量のデータから傾向、因果関係などを探し出すため、常に頭を動かしている職業です。そのためBGM自体が彼らにとって害になってしまう可能性があります。

プログラマー

プログラマーも同様で、頭脳労働の職業の一つです。非常に高い集中力で仕事をしていることから、BGMが邪魔になってしまうことが多いです。余計なことはせず、無音状態のほうがプログラマーにとってはよいです。逆に集中が切れてしまうときは自分から音楽を聴いて、リフレッシュしている人が多いです。

デザイナー

デザイナーも集中しているときは一点に対してすべての神経を使っています。そんななか、BGMが流れると作業効率の低下につながる可能性があります。仕事に集中できないときや、考えが煮詰まるときは、自分から自分から音楽を聴いて、リフレッシュしている人が多いです。

作曲家

作曲家も下手にBGMを流していると、自分の考えているアイデアなどを忘れてしまうことがあります。作曲家はアイデアありきなため、そもそも妨害するようでは仕事の効率は上がりません。下手にBGMを流すのではなく、無音状態にしたほうがよいです。考えが煮詰まるときは、自分から自分から音楽を聴いて、リフレッシュしている人が多いです。

性格にも関係

音楽で作業効率があがるかどうかは、個人の性格の違いにも関係しています。一部の人は景色や音など周囲で起こっていることで気が散ってしまうこともあるのです。また、音楽自体がそもそも嫌いな人は逆効果にしかなりません。そのため、職種や性格によっては一概に音楽をかければ作業効率が上がるかどうかは何とも言えないところなのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました