スポンサーリンク

【オーディション】歌手になるには? 盲目で音楽家になった人たち イギリス編

Audition
スポンサーリンク

歌手になることはとても大変です。需要が少ない職業で、供給はいくらでもされることから、非常に争いの激しい厳しい世界です。しかしこの職業に憧れる人は男女問わず、年齢問わず常にいます。今から歌手になりたい人たちはこれからたくさんの壁を乗り越えていかねばなりません。時には精神的に崩れてしまうこともあるでしょう。そんなときはこの記事で紹介する彼らの人生から不屈の精神を養ってください。盲目でも音楽家にはなれるのです。

スポンサーリンク

歌手になりたい人

歌手になりたい人にはある一定の共通点があったりします。下記のいずれの事項に当てはまる人は歌手になりたい人、もしくは歌手の適性がある人です。歌手になる方法と手段については下記の記事を参考にしてみてください。

不屈の精神

今回は精神論になってしまいますが、盲目でも音楽家になれた人は数知れずいます。音楽家を目指す人は何度も挫折するはずです。しかし彼らの人生を見れば、あなたはきっと情熱で燃え上がるはずです。どれだけ不利な状況でも歌手になれるということを知っておいてください。歌手になるには年齢も性別も関係ありません。体が不自由であったとしてもプロになれるのです。今回はイギリスの盲目音楽家を紹介します。

Alfred Hollins

1865年生まれで1942年に死去したイギリスの作曲家。ホリンズはイギリス、ヨークシャーのイースト・ライディングのハルで生まれ、生まれつき盲目でした。ホリンズはニュージーランドとオーストラリアをツアーし、 その後南アフリカに行き、ヨハネスブルグ、ポートエリザベス、ケープタウンでコンサートを行いました。

John Stanley

18世紀のイギリスで活躍した作曲家、かつオルガン奏者です。幼い頃から盲目でしたが、数々の演奏会を行い有名になりました。主な作品に、オペラ「テラミンタ」、劇的カンタータ「ヘラクレスの選択」などがあります。

George Shearing

1919年に生まれ、2011年に死去したジャズピアニストです。彼は生誕直後に失明し盲目となりました。3歳ごろからピアノを始め、1947年にアメリカに渡りました。彼はグラミー賞のジャズ部門を受賞したり、イギリスの大英帝国勲章を受勲しナイトの称号も得ました。

Derek Paravicini

1979年生まれのイギリスのピアニストです。彼はイングランド南部の都市レディングで生まれました。彼は未熟児として生まれ、未熟児網膜症になり、失明しています。ポップ、ライト・クラシック、ジャズなどのジャンルを得意とし、イギリスで有名になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました