スポンサーリンク

【音楽と猫】猫がギターに寄って来る理由

General
スポンサーリンク

人間がギターを弾いていると、猫が寄ってくることが多くありませんか。ギターを弾いていると、猫が寄ってくるというのはもはや常識ともいえるかもしれません。それではなぜ、猫はギターを弾くと寄ってくるのか気になる人は多いのではないでしょうか。それはギターの特徴と音色にヒントがあるのです。猫が寄ってくることにはしっかりとして理由があるのです。

スポンサーリンク

理由1 : ギターの音色

実は猫はギターの音色が好きなのです。人間がギターを弾いていると、猫が寄ってくる理由として最も大きなものです。特にクラシックギターのような優しい音色は猫にとって癒し効果があるとも言われています。猫によって好みの差はあるかもしれませんが、ギターの音色が猫に対して好感度を高くする効果があることは間違いないでしょう。ギターを演奏している時、奏者の体の上に乗ってきたりした場合は、もっとギターを弾いてあげましょう。猫はあなたの演奏を聞きたがっているのです。

理由2 : 猫はロックが好き

猫は人間が聴いている大衆音楽には全くもって関心がありません。しかし猫の心拍数とロックのビートはテンポがとても似ていると言われており、猫の心拍数は150~180回でとても相性がいいそうです。また、それ以外にもアンビエントやクラシック音楽などは猫に癒し効果があると言われています。環境音などは猫に対してリラックス効果があることが分かっています。川の流れる音、虫の鳴き声などは猫にとって癒しになります。

理由3 : 猫は穴の中が好き

ギターに開いている「穴」は猫に対してとても強い関心を持たせます。猫は狭い所が好きで、その中で休む傾向があります。これは野生時代の名残で、狩り以外の時間は外敵から身を隠す必要があり、狭い空間を好み過ごす傾向にあります。その背景もあることから、猫はギターに空いている穴に入りたがっているのです。また、猫は隠れることも好きですので、ギターケースも大好きです。ケースを開けると大半の場合はケースの中に入ってきます。

猫が演奏の邪魔をする

ギタリストが注意しなければならないのは猫がギター演奏の邪魔をしてくるケースもよくあります。これは猫が暇で、飼い主にかまってほしいときや、ギターの弦などに体を押し付けてきた利することが原因で起こります。猫は気まぐれでわがままな動物です。飼い主は猫に対して怒るのではなく、かまってあげるようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました