スポンサーリンク

【音楽とAI】ChatGPTで音楽家は消えていく?

General
スポンサーリンク

2022年に登場したChatGPTは世界中をとても騒がせています。ChatGPTの機能はとてもすさまじく、これからは音楽家が消えて行ってしまうのではないか?という疑念を持たれているのです。実際のところ消えていく音楽家は多いと想定されています。今後の音楽業界は専門の音楽家がいなくなる可能性すらあるのです。

スポンサーリンク

ChatGPTとは?

ChatGPTはOpenAIが2022年11月に公表したチャットボットです。人工知能で学習させることができ、質問をすることで適切な解答をしてくれるチャットツールになります。まだまだ回答に誤りがとても多いのですが、その機能に世間が注目をしています。ChatGPTは大規模言語モデル「Large Language Models」という大量のテキストデータを自然言語処理するアルゴリズムによって動く仕組みになっています。まるで人が書いたような自然な文章を生成することが可能になっており、2023年3月からは性能が大幅にグレードアップした大規模言語モデル「GPT-4」が利用可能になりました。ChatGPTは基本無料で利用できるため、誰でもすぐに使うことができますが、精度はあまり高くないです。

ChatGPT

ChatGPTで音楽家は消えていく?

ここで懸念されるのはChatGPTで音楽家は消えていく可能性があるということでしょう。ChatGPTは音楽家の活躍の場を奪ってしまうという懸念が音楽出版社やレコードレーベルの間で広がっています。では実際のところ、どのような職種が消えていくと想定されているのでしょうか。

作詞家

作詞家は最も消える可能性が高まる職種でしょう。映画業界では脚本家がChatGPTに対して抗議デモをしていますが、これは作詞家も同様になります。映画業界ではプロデューサーや監督もChatGPTに対して肯定的な意見をもっており、ChatGPTを代用する可能性がとても高まっており、脚本家が消えていくと予想されています。ChatGPTに対して質問を投げるだけで、歌詞が生成されてしまいますから、作詞家も同様に消えていく可能性が高いです。音楽の職種の中でも最も厳しいのが作詞家であり、作詞家だけで生きていくことは恐らく難しいでしょう。

作曲家

ChatGPTは作曲もできることがわかっています。ChatGPTは音楽生成技術もあるため、作曲も可能になるのです。音楽を直接再生する機能は現時点では持っていないため、安心かもしれませんが、今後ChatGPTがアップデートされるたびにこの機能も備わっていくことが想定されます。これにより歌謡曲の作曲家は消えていくことになるでしょう。歌謡曲の場合は曲の構成がパターン化されているためとても簡単に生成できます。これに対して映像系の作家の場合はまだまだしばらく生きていくことはできるでしょう。どうしても映像の場合は映像に音楽をはめ込んでいく必要があるため、どうしてもアナログな対応が必要になるからです。

編曲家

今の時代PC1台で行えてしまうため、編曲専門の音楽家はとても少ないのですが、編曲の仕事は究極のアナログになるため、消えていく可能性は低いでしょう。編曲の仕事というのはAIで代用もできるかもしれませんが、いまのレベルではとても代わりは効きません。

アーティスト

歌手、演奏家などは安心だと思っておいていいでしょう。歌手や演奏家というのは、単純に音を再生するだけが役割ではありません。彼らの見た目であったり、奏法、さらには癖など、AIでは真似ができない要素を持っているため、仕事を奪われていくというリスクは少ないです。これらの職業はそれほどの影響を受けることはまずないでしょう。

プロデューサー、ディレクター

プロデューサー、ディレクターは司令塔に該当する職種になります。これらの職種は当然ながらChatGPTを使う側になりますので影響を受けることはないでしょう。むしろプロデューサー、ディレクターの場合はChatGPTを活用していかにプロジェクトの費用を抑えるか?と考える時代になっていくはずです。

多彩なスキルを求められる時代

今後の音楽家は多彩なスキルを求められる時代を迎えるでしょう。ChatGPTの台頭により、単純な作業をするだけの職業は終わりを迎えます。これに伴い、音楽家にも作曲、編曲、プロデューサー、さらには歌唱能力を求められる時代になるかもしれません。ある1点だけの特化職種だけではやっていけない時代がすぐそばまできているのです。音楽家にも努力を求められる時代がやってきています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました