スポンサーリンク

【北アメリカ音楽楽器】オートハープ:民族楽器

Instrument
スポンサーリンク

オートハープは近代に北アメリカで生まれたと言われている民族楽器。しかし発明されたのはドイツであると言われています。オートハープは名前から予想するとハープを連想する人が多いでしょうが、しかし違います。どちらかというとオートハープはツィターに属している楽器になります。音楽の素養のない人でもすぐに演奏できるようになります。

スポンサーリンク

場所

オートハープはドイツの移民が作ったと言われています。

オートハープの歴史

オートハープの起源は19世紀末と言われています。当時アメリカのフィラデルフィアに住んでいたドイツ人移民はオートハープの楽器設計の特許を取得しました。これが起源とされています。彼は発明を「オートハープ」と命名したのです。当時のオートハープは演奏中に特定の弦の音を消すための仕組みがありました。その後、この楽器は1884年頃にイギリスでも特許を取得しました。そしてその後、オートハープという商標は1926年に登録されています。このあと、アメリカではこの楽器が普及し、小学校の音楽の授業に用いられるようになりました。現代ではカントリーミュージックなどで使用されている楽器になります。アメリカの民族音楽を知っている方には知られている楽器の一つでしょう。この楽器は電子化されていき、20世紀にはシンセサイザー版やエレクトリックオートハープも登場しました。ロッキー・エリクソンとエイリアンズの1979年のハード・ロック・アルバム「The Evil One」で登場しています。

J:COM NET

オートハープの特徴

オートハープはほとんどが木製で、形は長方形の角の一つが切り取られた台形のような形をしています。胴体にはフレームが存在しチューニング・ピンを打つためのピンブロックがありいます。弦の上には、金属で作られたコードバーがあり、コードバー両端にはスプリングが位置しています。楽器の背面にはゴム製の3本の「足」が付いています。弦は、コードバーの下を通り、36弦で構成されることが多いです。現代では48弦のモデルも出てきており多様化してきています。音域は弦の数と調律によって調整することができます。チューニングの仕方によりオクターブの調整ができます。

マンツーマンのボーカルスクール

オートハープの曲

オートハープはアメリカの民族楽器の代表的な楽器として知られています。北米地域では民謡やカントリーミュージックなどでよく使われています。昔はアナログなオートハープしかありませんでしたが、20世紀後半にはエレクトリックオートハープやシンセサイザーオートハープが登場しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました