スポンサーリンク

【ドイツ楽器歴史】クラビネット : 現代楽器

Instrument
スポンサーリンク

クラビネットはエルンストツァカリアスによって発明され、1964年から1982年にかけて西ドイツのトロッシンゲンのホーナー社によって製造された楽器です。電気のキーボードで、ソウルやR&Bなどでよく使われる楽器です。クラビネットは21世紀に入っても開発が進んでおり、新製品がどんどん出ています。1960年代からは、ロック、ファンク、レゲエの音楽でクラビネットは使われるようになってきています。

スポンサーリンク

場所

ドイツでこの楽器は生まれました。

クラビネットの歴史

クラビネットはエルンストツァカリアスによって発明され、1964年から1982年にかけて西ドイツのトロッシンゲンのホーナー社によって製造された楽器です。もともと、ホーナー社はこの楽器を家庭用、中世後期、バロック音楽、初期のクラシック音楽用の楽器として考えていました。クラビネットはClavinet I、Clavinet II、Clavinet C、Clavinet Lと改良を経て次第に使い勝手がよくなっていきました。スティーヴィー・ワンダーやコモドアーズなど、1970年代前半のファンク、ソウルミュージックで多用されたことから注目を浴びる楽器になりました。さらにローリング・ストーンズやレッド・ツェッペリン、グランド・ファンク・レイルロード、ELOなどのロック・グループなども使用するようになり、一般化していきました。1980年代になってホーナー社は日本で製造されたデジタルピアノを “Clavinet DP” の名称で発売。2014年にはヴィンテージ・ヴァイブ社からいくつかの改良を加えた現代版クラビネットが販売されています。

J:COM

クラビネットの特徴

クラビネットは見た目は普通の鍵盤楽器です。電気式のキーボードで、外観はピアノによく似ています。クラビネットとは、クラビコードという楽器にピックアップなどの電気回路を取り付けた楽器です。クラビコードは、チェンバロやピアノ、オルガンとともに古くからクラシック音楽で使われていた鍵盤楽器の一種です。クラビネットの音色は「チェンバロ」に近いものがあります。打鍵後鍵盤を強く押し込むことで弦を押し上げてピッチを揺らすこともできます。鍵盤楽器では珍しいビブラートを実現することもできます。ソウルやR&Bなどでよく使われる楽器で、1970年代のロックでもよく使われていた楽器です。

作曲、編曲に挑戦できる!

クラビネットの曲

クラビネットは歌謡曲にも取り入れられた楽器であることから、とても広く伝播している楽器と言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました