スポンサーリンク

【ヨーロッパ楽器歴史】シンバル : オーケストラ楽器

Instrument
スポンサーリンク

シンバルは今でこそヨーロッパのオーケストラなどで使用されている打楽器ですが、発祥はトルコなのです。トルコから伝播してきたシンバルが進化し、発展した形となり、現在のシンバルになりました。シンバルはポップスのドラムなどでも使用されており、様々な楽器やジャンルで使われるようになりました。西洋音楽の中心的な存在となった打楽器は今では世界中に伝播しており、使用されている楽器です。

スポンサーリンク

場所

ヨーロッパでこの楽器は生まれました。

開発会社

現在世界では多数のシンバル製造メーカーが存在します。

社名特徴
ZildjianTurkey世界一のシェアを誇るシンバルメーカーで、その歴史は古く380年以上までさかのぼります。
SABIANCanada1981年に誕生し、20年程でシンバルメーカーにおいて世界的トップブランドの地位を確立しました。
PAISTERussia1901年にロシアで創業され、その後は移転を繰り返しています。
ISTANBULTurkeyシンバル発祥の地トルコのイスタンブールで、工場が閉鎖され働き場がなくなったK・ジルジャンのシンバル職人を集めて設立されたメーカーです。
MEINLGermany1951年からパーカッションなどを幅広く製造しているドイツのメーカーです。
TurkishTurkeyトルコで、イスタンブール社から独立した職人によって設立されましたシンバルメーカーです。

シンバルの歴史

シンバルはもともと仏教の法会に用いられる「饒ばち」と呼ばれる楽器が西洋に渡り、変化したものだそうです。シンバルはもともとユーラシア大陸全土で薄く伸ばした金属楽器が使われていたのです。中世以降にオスマン帝国においてズィルというシンバルの原型が使われはじめました。この楽器がヨーロッパ各地に伝播していったのです。近代のヨーロッパではシンバルがオーケストラで使われるようになりました。その後19世紀、ペダルを足で踏んでドラムを叩く方法が発明されるとシンバルにも応用され、ハイハット・シンバルが生まれました。これにより歌謡曲でもシンバルが使われるようになり、急速に普及するようになったのです。その後、ポップスシンバルは様々なジャンルに応用されるようになり、現在ではすべてのジャンルでシンバルが使用されるようになりました。

【楽器の買取屋さん】電話受付22時まで対応可能!無料出張見積もり

シンバルの特徴

シンバルは打楽器の一種。二つのシンバルをぶつけ合うことで音を鳴らします。しかしこれはクラシックで使われるシンバルで、ポップスドラムのシンバルは違います。シンバルは重量やサイズや形状によって、それぞれ音色が違います。オーケストラで使われるのはクラッシュシンバルで二つのシンバルをぶつけ合うことで音を鳴らします。Hi-hat cymbalはドラムセットに混ざっているシンバルで、二つのシンバルが向き合ってスタンドに固定された形をしています。ペダルと連動しており、ペダルを上下させることで隙間が開閉します。さらに現在はフィンガーシンバルというものもあります。これはクラッシュシンバルよりも大きく、根本に指が一本入るくらいのわっかがあります。ここに両手をそれぞれ入れ、二つをこすり合わせるようにして音を鳴らします。

超速ネット次世代AI Wi-FiはJ:COM NET

シンバルの種類

Crash cymbal

Hi-hat cymbal

Finger cymbals

コメント

タイトルとURLをコピーしました