スポンサーリンク

【西アフリカ楽器歴史】ドゥンドゥン : 民族楽器

Instrument
スポンサーリンク

ドゥンドゥンは、マンデドラムアンサンブルのジャンベと一緒に開発された西アフリカのドラムファミリーの総称です。円筒形のドラムで、両端に生皮の皮があり、ドラムはスティックで演奏されます。このドラムは西アフリカでとても広く普及しているドラムです。ジャンベと共に演奏する楽器です。ドゥンドゥンは、低音。サンバンは、中間音。ケンケニは、高音と3つの音で奏でて演奏します。西アフリカのお祭りや儀式などでは、欠かせない楽器です。

スポンサーリンク

場所

西アフリカでこの楽器は生まれました。

ドゥンドゥン の歴史

ドゥンドゥンはトーキングドラムとも呼ばれ、古くから西アフリカ地域にあったと言われています。アフリカのサハラ南部では、ドゥンドゥンは伝統的に王の道具と見なされています。非常に高い階級の人たちが使っていたとされる楽器で、神聖な楽器とされていました。アフリカの王室で重要な役割を果たし続けており、長い歴史があります。西アフリカ地域において、ドゥンドゥンは儀式、イベント、礼拝に使用されています。現在ではアフリカ地域でも有名な民族楽器の一つにもなっており、非常に認知されている楽器です。セネガルではタマ、ナイジェリアではドゥンドゥン、ガーナではドンドなどと呼ばれています。

ドゥンドゥンの特徴

ドゥンドゥンは両面太鼓で楽器を脇に抱えロープのテンションを変化させ、音程に高低をつけ演奏する楽器です。ドゥンドゥンはジャンベと共に演奏する楽器です。3台を立てて1人で演奏するタイプや村スタイル(ドゥンドゥン、サンバン、ケンケニ1台を一人づつそれぞれにベルを付け、3人で太鼓とベルを叩いて奏でるタイプ)があります。ドゥンドゥンは、低音。サンバンは、中間音。ケンケニは、高音と3つの音で奏でて演奏します。ドラムはスティックで叩いて演奏します。奏法は地域によって異なります。この楽器は西アフリカ一帯で使用されているため、地域ごとに奏法や楽器の構成が違う場合があります。ドゥンドゥンは主にアフリカの伝統音楽で使用されます。

ドゥンドゥンの曲

ドゥンドゥンは西アフリカの伝統音楽で使用される打楽器です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました