スポンサーリンク

【ギリシャ楽器歴史】フレームドラム : 民族楽器

Instrument
スポンサーリンク

フレームドラムは古代ギリシャで発祥したと言われる打楽器です。フレームドラムはローマ帝国へ伝播し、その後タンバリンが生まれたとも言われています。世界最古と言われている片面太鼓のことでアジア、ヨーロッパを中心に世界中に伝播しており、それぞれの地域で進化を遂げており、様々な種類のドラムがあります。牛皮、山羊皮、魚の皮などさまざまな動物系のものからプラスティック・ヘッドなどもあります。

スポンサーリンク

場所

ギリシャでこの楽器は生まれました。

フレームドラムの歴史

フレームドラムは世界最古の太鼓です。その歴史はメソポタミア文明期までさかのぼります。10インチ~22インチの円形のフレームに片面だけ皮を張られただけのシンプルな構造で、タンバリンなどもその仲間になります。神官が儀式の際に用いていたドラムで、古代ギリシャにはテュンパヌムというフレームドラムがありました。このテュンパヌムが3世紀のローマでタンバリンへと進化しました。その後フレームドラムは世界各地へ伝播していきました。アメリカでは、フレームドラムは通常、ネイティブアメリカンの慣習や祝賀会で見られます。南アジアや中東の地域では円形のフレームドラムになっており、八角形のフレームドラムもあります。ヨーロッパのフレームドラムには、手や木槌で頭を打つことによって演奏されるものがあります。このように現在となってはこのドラムは地域ごとに使用用途も異なります。

マンツーマンのボーカルスクール

フレームドラムの特徴

フレームドラムはさまざまな形とサイズがあり、文化によって異なる進化を遂げております。フレームドラムは幅の薄い円形の木枠に皮を張ってあり、片面にヘッドがある太鼓のことを指します。手に持てる大きさで小さなシンバルや金属リングなどを付けたものもあります。皮はウシ、ヤギなどの他、トカゲ、ヘビなど様々な材料が使われ、現在では他の太鼓と同じようにプラスチック製もあります。構造はシンプルで演奏方法や技法は多様で、叩く位置、指使い、ヘッドを押さえ込む強さとミュート、そのタイミングなど、地域や文化によってかなり差異があります。

超速ネット次世代AI Wi-FiはJ:COM NET

フレームドラムの曲

フレームドラムは主にその地域における伝統音楽で使われることが多いです。また、ゲーム、テレビ、映画などの音楽でも使用されることが多いです。歌謡曲などではあまり出てきません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました