スポンサーリンク

【音楽ジャンルと世界音楽市場】フュージョンミュージックとは? ジャズの派生ジャンル

General
スポンサーリンク

フュージョンミュージックは1970年頃に発生した音楽の一つと言われています。ジャズ・プレイヤーがロックのサウンドや奏法を取り入れ融合させたジャンルとされており、複数の音楽が混ざり合ったものを指しています。しかしロックとは限らず、クラシック音楽や電子音楽、さらにはラテン音楽と融合したものもみられています。

スポンサーリンク

フュージョンミュージックとは?

フュージョンミュージックとはジャズを基調にした、融合ジャンルを指しています。ラテン音楽、ロック、クラシックなど、複数のジャンルが融合して生まれた音楽とされています。フュージョンはしだいにロック出身のプレイヤーが参入するようになり、流行するようになりました。1960年代から1970年代に特に流通したとされています。まさにクロスオーバーなジャンルであり、これと言ったサウンドの定義はありません。融合されているからこそ、まさにフュージョンミュージックと言われています。このジャンルは特に1900年代後半に世界でとても流行りました。

Fusion Music

歴史

ジャズというジャンルはすでに1900年代前半には流行していましたが、一部ではジャズに対して、電子楽器などを導入する動きが見られていました。その動きは1950年代ごろから始まっており、エレクトリック・ジャズなどが生まれたのです。そしてそれだけではありませんでした。ジャズに対して、ロックやクラシックなどを混ぜた音楽が生まれるようになったのです。1970年代になると、ラテン音楽やソウルミュージックなどの要素もジャズに取り入れられるようになり、クロスオーバージャンルとも呼ばれるようになりました。

1970年代後半になると、クロスオーバーをさらに商業化したサウンドが現れるようになり、それらの音楽をフュージョンと呼ぶようになりました。1978年にはチャック・マンジョーネの「フィールズ・ソー・グッド」が、全米でトップ5に入る大ヒットとなり、一般層にも認知されています。この時代にフュージョンミュージックは最盛期を迎えました。

衰退

フュージョンミュージックは1980年代~1990年代になると、徐々に勢いを失い始めます。電子音楽であるテクノやトランス、ハウスなどが台頭し、ポップスも流行していたことから、フュージョンミュージックはマイナージャンル化していきました。2000年代に入ると、もはやヒットチャートにすら入ることが全くなくなり、聴く人も減ってしまったのです。特定ミュージシャンの一定の固定ファン層を除けば、あまりライブなどでも見かけなくなりました。

有名アーティスト

Return to Forever

1970年代に活躍したアメリカ合衆国のフュージョン・バンド。音楽的にはラテン音楽とジャズのフュージョンのようなサウンドが多いです。その後はロックの色合いが強くなり、ジャンルの形態は変化していきました。

Kenny G

彼はアメリカのサックス奏者です。スムーズジャズの第一人者であり、フュージョンミュージックにも分類されていますが、グラミー賞では最優秀インストゥルメンタル作曲賞を受賞をしました。

Larry Coryell

彼はアメリカのフュージョンミュージックギタリストです。ジャズとロックの融合を図った一人とされており、他にもジャズとクラシックを融合した音楽を製作していました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました