スポンサーリンク

【音楽ジャンルと世界音楽市場】ゲームミュージックとは? 歴史と特徴

General
スポンサーリンク

ゲームミュージックはゲームの中で使用されるBGMを指しています。これらの音楽はハードウェアの進歩により、劇的に音楽の質が変わっていった経緯を持っています。いまでこそ、ゲームミュージックはほぼ訛週録と同じレベルのクオリティになっていますが、昔のゲームミュージックは、ほぼコンピューター音そのものでした。

スポンサーリンク

ゲームミュージックとは?

ゲームミュージックはゲームの中で使用されているBGMを指しています。主にゲームにおける各場面で使用されている音楽を指しています。ゲームにはさまざまな場面があるため、ゲーム音楽のジャンルとしては、クラシック、ロック、ラップ、ジャズ、ポップスと様々なものが使用されているため、多岐にわたります。ゲームミュージックは以下のような特徴を持っています。

Amazon Music

Apple Music

ループ

ほとんどのゲーム音楽は曲が途切れることなく延々とループするように作られています。その場面が切り替わるまで音楽が止まらないようにしているためです。そのため、ほとんどの音楽は必ず無限ループするようになっています。

ジャンルが多彩

ゲームには色々なものがあります。アクションゲームから、音楽ゲーム、動物ゲーム、さらには戦争ゲームなどもあります。ゲームに合わせて音楽も決まるため、ジャンルに決まりはありません。ゲームの作曲家は基本的にすべてのジャンルの音楽に精通している必要があります。

BGMのみ

ゲーム音楽は基本的にBGMのみで構成されています。歌が入ってしまうと、映像を壊してしまうことが多いです。ゲーム音楽はあくまでゲーム自体を引き立てるためのわき役でしかありません。そのため、メインはあくまで映像なのです。

打ち込み環境

ゲーム音楽は予算の関係もありますが、コンピューターによる打ち込み環境によって製作されることがほとんどです。一部の大きな予算がある大型ゲームではオーケストラによる生収録を行っていますが、大半のゲームはそもそも資金があまりありません。打ち込みの方が安上がりです。

歴史

ゲーム音楽は1960年代に生まれました。これはコンピューターの進化によって、音楽が作れるようになったのがきっかけです。しかし当時の音楽はとても生音楽に比べると、比較の対象にすらならないレベルの物でした。そのため、ほとんどの音楽はコンピューター音と同じレベル。1970年代になって、電子音楽ブームが起こり、シンセサイザーやシーケンサーなどを使った音楽が流行し、これに並ぶ形で、ゲームセンターなどが普及するようになり、ゲーム業界も注目されるようになりました。1980年代になると家庭用ゲーム機がブームを迎え、ゲームが広く普及していく時代になりました。1980年代、音源上で和音の生成が出来るようになるとともに数多くのゲームBGMが発展し始めます。本格的にクラシックの専門音楽家がゲーム音楽を担当するようになったのです。

1990年代になると、スーパーファミコンやプレイステーションなどの登場により、より繊細な表現を音楽でできるようになりました。この時代になると、ロック、クラシック、ジャズ、フュージョン、テクノなどのジャンルがゲーム音楽でも登場するようになり、ゲーム音楽は一大ジャンルとなりました。2000年代になると、ほぼ生収録と同じレベルのクオリティを誇るようになり、ゲームをかなり大きく引き立てられるようになったのです。2000年代は音楽レーベルによる過去のゲーム音楽の再録盤の発売、ゲームミュージック愛好家による自主録音音源販売なども始まり、かなり流行しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました