スポンサーリンク

【グランドピアノ】寿命はいつ : クラシック楽器

Instrument
スポンサーリンク

グランドピアノはとても長い歴史を誇る楽器で、とても寿命が長い楽器として知られています。いまでは電子ピアノが登場したことにより、需要は昔ほどはありませんが、それでも生の音を楽しみたい人は必須の楽器と言えるでしょう。大きな音が出てしまうため、集合住宅などでは使用が難しいピアノではあるのですが、いまだに強い需要と人気があります。

スポンサーリンク

製品リスト

Grand Piano List

ピアノとは

ピアノは弦をハンマーでたたくことで音を鳴らすことができる楽器です。鍵を押すと、鍵に連動したハンマーが対応する弦を叩き、音が出る仕組みになっています。このピアノは音域がとても広いことが最大の特徴で、オーケストラの全音域よりも広いことで知られています。世界的に普及している楽器で、楽曲作成だけでなく、音楽指導者や公務員試験などでも必要とされることがあるほど、人々の間に深く浸透している楽器です。現在電子ピアノが台頭してきているので、グランドピアノを使っている人は昔ほどはいませんが、それでも根強い人気があります。

寿命

グランドピアノなどのアコースティックピアノは電子ピアノとは違い、修理をすれば100年以上も演奏できる楽器です。電子ピアノが10‐20年程度で使えなくなる傾向にあることを考えると、とても長持ちする楽器と言えるでしょう。交換修理が必要になるのでメンテナンスは必須です。フェルト・クロスなどの繊維や革で出来た素材は一般的に20〜40年、弦は30〜40年程度で摩耗や経年劣化を起こすため、交換作業は必須です。ピアノ全体で見ればとても寿命の長い楽器と言えますが、部分的な修繕は10-20年に1度は発生するものと思ってください。100年以上使い続けることも可能な楽器ではあるのですが、メンテナンス費用は必ず掛かってくるので、その点も考慮しましょう。

ハンマー

ハンマーが弦を叩き続けると、羊毛フェルトでできたハンマーヘッドが徐々にすり減っていき、弦の溝が刻まれていきます。この弦の溝が深くなるとハンマー自体も硬くなり、音が硬くきたなくなるため、削り直す修が必要となります。

ピアノの弦は消耗品です。1本につき70~90kgの張力が掛かっていますので、長年使用続けることで、線が切れてしまうことはよくあります。錆びてしまうこともあり、定期的なチェックは必要になります。弦交換とその後の調整が必要です。

繊維製品

ピアノは部品と部品が接触する部分にフェルトを使用している箇所があり、長年弾き続けることでそのフェルトが少しずつすり減り、不具合を起こします。フェルトを張り替えて調整することで修理が可能です。

保管状態

ピアノを長く使い続けるにはいかに壊さないかが重要です。乱暴に扱うとすぐに壊れてしまいます。大切に扱えば扱うほど、比例して寿命も伸びると言っても過言ではありません。

メンテナンス

定期的なメンテナンスは必要不可欠となります。ピアノ修理の業者などに頼めば、内部の部品の状態を見てくれますし、部品交換もしてくれます。音が出ないとき、電源が入らないとき、鍵盤が動かなくなったときは業者に頼んでみましょう。

温度湿度管理

ピアノの寿命を伸ばすために重要なことです。湿度が低いと、木材のやせ、ひび割れなどが起こります。湿度高いと、錆びることにより特に金属部分の劣化につながることになります。適度な温度と湿度にしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました