スポンサーリンク

【音楽ジャンルと世界音楽市場】Grunge Musicとは? ハードロック、ヘヴィメタルロックの派生

General
スポンサーリンク

グランジロックは1900年代のアメリカなどで発祥したロックジャンルの一つです。汚れた音楽とか、薄汚い音楽という意味を持っており、1990年代の若者にとても流行した音楽の一つです。ロック産業自体は2000年代に大きく衰退してしまいますが、このジャンルはロックにおける一大産業となっており多数のファンを獲得しました。

スポンサーリンク

Grunge Musicとは?

グランジロックは1989年ごろのシアトルを中心に起こったトレンドです。音楽的な最大の特徴は、パンク・ロックのようなサウンドで、さらにハードロックのような楽曲構造も兼ねているという点です。これらのジャンルのアーティストたちはアートワークにも拘っており退廃的な雰囲気を描写したものが多いです。ラウドなギターとラウドなドラムと絶叫ヴォーカル、さらには歪みのあるサウンドが特徴となるこの音楽は当時の世界音楽市場にとても大きな影響を与えました。グランジロックはパンクとヘヴィメタルの要素を強く持っており、これらのジャンルのファンにも支持されています。

Grunge Music

歴史

グランジのルーツは恐らく1970年代のパンクロックやハードロックと言われており、両者の影響を強く受けた音楽です。グランジロックは1989年頃にシアトルを中心に起こりました。パンクとヘヴィメタルの融合したような音楽をニルヴァーナやパール・ジャム、サウンドガーデン、ダイナソーJr.、マッドハニーなどがリリースしたことで注目されました。多くの人気バンドがこのジャンルを志向することにより、世間一般もこのジャンルが知られるようになったのです。グランジの最盛期は恐らく1990年代の前半です。上記で挙げたバンドがこのジャンルを志向し、ライブをしたことで多数のファンを獲得しました。ニルヴァーナの代表的ヒット曲となった「Smells Like Teen Spirit」が1991年にリリースされ、音楽業界は大きな衝撃を与えました。

しかしその後大きな事件が起こります。ニルヴァーナのリードボーカリストであるカート・コバーンが自殺をしたのです。グランジの象徴であるニルヴァーナの顔となる人物が死んでしまったことで、このジャンルはピークを過ぎてしまいました。しかしグランジの流行はその後もパール・ジャムなどのバンドを生み出し、ポスト・グランジというサブジャンルを生み出しています。

Post-Grunge

このジャンルはグランジの影響を強く受け、ハードロックやオルタナティブロックなどサブジャンルに相当します。ニルヴァーナなどの影響を受けた人たちが立ち上げたバンドがこのジャンルを志向することが多く、1990年代以降に登場したバンドがこのスタイルを好んでいます。シーザー、ニッケルバック、パドル・オブ・マッドなど多数の人気バンドを産みました。

有名アーティスト

Pearl Jam

アメリカの人気ロックバンドで、グラミー賞受賞もしています。1990年代にオルタナティブロックムーブメントを起こしたバンドの一つで、グランジの代表アーティストの一つ。世界的にも反響を及ぼしたグループです。

Sound Garden

シアトル出身の4人組のバンドで、グランジブームを起こしたバンドの一つ。1997年に解散したのですが、2010年から再度活動を再開しています。グラミー賞を受賞しており、高音と低音を使い分けるボーカルが特徴です。

Nirvana

グランジの先駆者と呼ばれる伝説的なバンドです。恐らくグランジロックのバンドの中では最も知られているバンドでしょう。全世界で7500万枚以上のレコードを販売し史上最も売れているバンドのひとつと言われています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました