スポンサーリンク

【ドイツ楽器歴史】ヘッケルフォン : 民族楽器、オーケストラ楽器

Instrument
スポンサーリンク

ヘッケルフォンは作曲家ヴァーグナーの提案により、ドイツの楽器製作者ヴィルヘルム・ヘッケルが考案した、バリトン音域のダブル・リード楽器。バリトンオーボエにかなり近い楽器として知られています。ヘッケルフォンは、オーボエ属の楽器で、オーボエ奏者によって演奏されます。 ワーグナーが亡くなった10年後の1904年、ヘッケルフォンは、ウィルヘルム・ヘッケルによって完成され、発表されました。 

スポンサーリンク

場所

ヨーロッパでこの楽器は生まれました。

ヘッケルフォンの歴史

ヘッケルフォンは1876年、R.ワーグナーが、ヘッケル社のウィルヘルム・ヘッケルに、ある楽器の創案を示しました。「ダブルリード楽器、オーボエの1オクターブ下の音域で柔らかな音色を持ち、それでいてアルペンホルンのような力強さを持っている。」 しかしワーグナーは、自分が創案した楽器を存命中に見ることはありませんでした。 ワーグナーが亡くなった後の1904年、ヘッケルフォンは、ウィルヘルム・ヘッケルによって完成され、発表されました。 ヘッケルフォンが発明・製作され、R.シュトラウスが自身のオーケストラ曲に使用し、世間に注目されるようになりました。この楽器はバス・オーボエの代用としても使われています。

ヘッケルフォンの特徴

ヘッケルフォンはオーボエより1オクターブ低い音域を担当する、めずらしい楽器です。ダブルリードの低い音を出す楽器としてファゴットともまた違い、強い芯を持った音色です。オーケストラ楽器として使用されることがありますが、とても稀です。ヘッケルフォンの長さは約1.3m、オーボエとオーボエを組み込んだオーボエセクションのベースとして一般的に使用されています。バスオーボエにかなり近い音色であり、オーボエの代替楽器として使用されることが多いです。あまり目にする機会がない楽器です。

ヘッケルフォンの曲

ヘッケルフォンはオーケストラで登場します。しかしドイツの伝統音楽という位置づけで使われることもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました