スポンサーリンク

【アメリカ楽器歴史】ホンキートンクピアノ : 鍵盤楽器

Instrument
スポンサーリンク

ホンキートンクピアノはカントリーミュージックを演奏する酒場で使われるピアノです。普通のピアノと弾き方は変わりませんが、音色は明らかにピアノと違うのが特徴です。ピアノには1のキーに複数の弦が張られて、同じピッチになるように調整しますが、ホンキートンクピアノはこれをワザとずらして実現します。アメリカの人気楽器となりましたが、現代ではキーボードやソフトシンセなどにもホンキートンクピアノの音色は入っています。

スポンサーリンク

場所

アメリカでこの楽器は生まれました。

ホンキートンクピアノの歴史

ホンキートンクピアノは20世紀のアメリカで生まれました。アメリカのカントリーミュージックが盛んな時代に酒場で弾かれたピアノです。アメリカ合衆国南西部やアメリカ合衆国南部で人気になり、そこでカントリーミュージックを演奏する安酒場の総称をホンキートンクと呼ぶようになりました。そしてその酒場で弾かれるピアノがホンキートンクピアノと呼ばれるようになったのです。労働者階級の客に酒類を出す店で演奏されるアメリカにおいて、労働者階級にとても馴染みのある楽器となりました。1950年代、ホンキートンクは歌謡曲で使われるようになり、知名度の高い楽器となりました。そしてホンキートンクは主にカントリーミュージックで使用され、その後はポップスでも使用されるようにもなったのです。現代ではソフトウェア音源などでも定番のように登場する楽器となり、より一般層に浸透しています。

ホンキートンクピアノの特徴

ホンキートンクピアノは外見上ピアノとよく似ています。しかし調律の仕方が違います。ピアノには1のキーに複数の弦が張られて、同じピッチになるように調整しますが、ホンキートンクピアノはこれをワザとずらして実現します。わざと調律をずらしたことで、この楽器の良さが出ます。アメリカのカントリーミュージックや20世紀のポップスではこのずれた音をうまく楽曲の中で表現しているものが多いのです。その他の点はピアノとそっくりです。ホンキートンクピアノの音色はグランドピアノよりも明るい音が出ます。チープな響きであることも大きな特徴です。そのためピアノとは音色が明らかに違います。

ホンキートンクピアノの曲

ホンキートンクピアノはアメリカのカントリーミュージックやポップスで登場する楽器です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました