スポンサーリンク

【音楽ジャンルと世界音楽市場】ハウスミュージックとは? 歴史とサブジャンル

General
スポンサーリンク

ハウスミュージックはおしゃれな音楽の代名詞と言えるでしょう。1970年代にアメリカで発祥したと言われているこの音楽は世界的にもとても流行し、メインストリームになりました。ハウス・ミュージックはアメリカだけでなく、ヨーロッパや日本でも流行したジャンルで、非常に人気の高い音楽です。それによる多数のサブジャンルが生まれています。

スポンサーリンク

ハウスミュージックとは?

ハウスミュージックとはクラブミュージックやディスコミュージックが起源と言われています。明確な定義はありませんが、BPMは120~130当たりのハイテンポであることが多いです。多くはリミックスやサンプリングなどの手法を使い、打ち込みによってつくられていることから、4つ打ちのダンスミュージックと言われています。また、繰り返しが多い構成になっており、同じリズムを繰り返すことが多いです。クラブで踊るための音楽としてはまさに適切なジャンルです。世界で大流行した経緯もあることから、現在まで多数のサブジャンルが生まれているのです。

House Music

Acid house

アシッド ハウスは、198 年代半ば頃にシカゴのDJ によって開発されたハウスミュージックのジャンルです。 このスタイルはシンセサイザー/シーケンサーのサウンドとベースラインが特徴です。このジャンルはニューヨーク市などの他のアメリカの都市に国際的に拡大し、世界的な現象になりました。

Deep house

BPMが110~120当たりのミドルテンポが多いジャンルです。Jazz FunkとSoul Musicをミックスさせたようなサウンドが特徴で1980年代に生まれた音楽です。ミュートされたベースライン、パーカッションを多彩に組み合わせた音楽が多いです。

Big room house

このジャンルは2010年代に広がっている新しいジャンルです。プログレッシブハウスとエレクトロハウスの融合で、BPMは120~130当たりの物が多いです。ハウス ミュージックに典型的4つのフロアキックドラムが特徴のサウンドです。

Electro house

エレクトロハウスは、低音とBPM130のテンポが特徴のエレクトロニックダンスミュージックのジャンルです。のこぎり波と歪みで作成されたものなど、賑やかなベースラインが持ち味の音楽で、近年生まれた新ジャンルです。

Hip house

このジャンルはラップなどを組み合わせたハウスミュージックで1980年代の後半にイギリスやアメリカで発祥しました。これはヒップホップの要素がとても強く、ラジオやクラブで人気を維持しています。

Progressive house

プログレッシブハウスは1980年代後半あたりからみられるようになりました。1990年代にはイギリスやアメリカのハウスミュージックシーンで登場しました。2000年代に入っても流行しているジャンルの一つでしょう。

ハウスミュージックの歴史

ハウスミュージックの始まりは1977年頃のアメリカで、シカゴにオープンしたクラブ「Warehouse」から来ているという説が最も有力とされています。ディスコ・ミュージックのレコードをDJがかける際に、ドラムマシンやシンセサイザーなど新しいテクノロジーの力を借りて生まれたのがハウス・ミュージックです。その後、ハウスの人気はイギリスへも波及し、M/A/R/R/SがリリースしたPump up the Volumeがヨーロッパで大ヒットし、世界のメインジャンルになっていきました。

世界でハウス、シカゴ・ハウスなどが流行し、マドンナなどのアメリカのトップアーティストもこのジャンルを真似るようになりました。このジャンルはイギリスを筆頭にヨーロッパで大流行し、クラブやパーティーなどで使用される定番のジャンルになります。1990年代から2000年代初頭に活躍したダフト・パンクはこのジャンルの発展を牽引しました。デビューシングル「The New Wave」に続き、「Da Funk」がヨーロッパを中心に大ヒット。2000年代に入ってもハウスミュージックは多数のサブジャンルが生まれており、勢いが衰える兆しが見えていません。クラブ音楽といえばハウスというレベルにまで根付いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました