スポンサーリンク

【オーディション】歌手になるには? 学生の場合

Audition
スポンサーリンク

歌手というのはあこがれの職業の一つ。どの国であろうと、歌手を目指す人というのはいくらでもいるのです。人気職業であるがゆえに競争の激しい、非常に厳しい世界であることも知られています。有名な歌手を見た人たちは、自分も同じようになりたいという願望を持つ人も多いはずです。しかし学生の場合は、いくつかの障害が発生することにもなります。学生の人で歌手になりたい人はこの記事を見る価値があるかもしれません。

スポンサーリンク

歌手になるための方法と手段

歌手になりたい人はどのような行動を起こせばよいのか、知りたい人は多いはずです。その場合は下記の記事を参照ください。具体的な行動手段を記事にしています。今回の記事の場合は学生特有の問題について記事にしています。まだ大人ではないため、どうしても保護者というものがついてきてしまうのです。家族の中でしっかりと話し合う必要があります。

学生の問題点1 : 保護者の同意が必要

小学生、中学生、高校生すべてに言えることですが、まだ未成年であるがゆえに自分ですべてを決定することができません。実際に活動をして、レコード会社や音楽プロダクションが契約したいと申し出をしても、親の反対により却下されてしまうケースは実際にあります。未成年の就労は保護者の同意が必要です。そのため、あなた一人で決めることができません。実際に音楽活動をする前に自分の両親としっかり話し合いをしてください。もしどうしても親が反対する場合は、成人になるまで、オーディション応募などは控えるようにしましょう。あなたが20代になっても歌手になるチャンスはあります。

学生の問題点2 : 学業との両立が必要

学生の場合、本来の仕事は勉強することです。音楽家になることで学業がおろそかになってしまうというリスクが潜んでいます。それによって学業を諦めて退学する人も少なくありません。退学という選択があなたにとってプラスであれば問題ありません。しかし少しでも未練がある場合は、踏みとどまって、考え直すことを推奨します。学費は決して安くはありません。学校を卒業してから音楽活動をすることも可能です。生き急ぐ必要はないのです。

学生のメリット

学生には利点もあります。まだ若いがゆえにオーディションにしても、スカウトにしても甘めに診てもらえるというメリットがあるのです。レコード会社が契約してから、育てるという考えを持っているということもありえます。そのため、学生のうちから活動するということは決してリスクだけとも言えないのです。つまり、もしあなたが今すぐプロになりたいのであれば今日今すぐ活動を開始するべきなのです。前述の2点のリスクを解消できれば、あなたに対する障害はなにもなくなります。

ボーカルスクール

現在この時点で、ボイススクールなどに通っている人は、練習しながらオーディションやライブ、Youtubeなどにチャレンジをしましょう。修練期間でも、時間は経過してしまいます。今日この時点、この瞬間があなたにとって一番若い瞬間なのです。その時間を無駄にしないためにも、同時並行で未来に対する種まきを始めましょう。人の中にはボーカルスクールに通っているだけで満足してしまう人もたくさんいますがそれは誤りです。成功は種を蒔いた人の中からしか生まれないのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました