スポンサーリンク

【ドイツ楽器歴史】バイオリン : Lothar Semmlinger

Instrument
スポンサーリンク

Lothar Semmlingerはドイツにあるバイオリンメーカーです。ドイツは楽器製作で高い評価を得ており、ミッテンヴァルトやブーベンロイトなどの町は高品質の楽器の産地として有名です。この会社の創設者Lothar Semmlingerはブーベンロイトの隣町、ランゲンゼンデルバッハで生まれ、このメーカーを設立しました。いまでは世界でも一目置かれるバイオリンメーカーにまで成長し、世界に流通しています。

スポンサーリンク

場所

ドイツ、ランゲンゼンデルバッハでこの楽器は生まれました。

開発会社

Lothar Semmlinger Streichinstrumente

Königsberger Str. 46, 91083 Baiersdorf, Germany

創業者

Lothar Semmlinger 1953 –

Lothar Semmlingerは1953年にドイツはブーベンロイトの隣町、ランゲンゼンデルバッハで生まれました。カールヘフナー社社内にてアルベルト・ランク氏の指導の下、見習い修行を始めました。1975年、修行を終えた時、ニュルンベルク工芸職人組織の職人称号を得ました。メーレンドルフのDilkの工房で職人として4年間働き、1980年に独立し自らの工房を構えました。1994年には、既に永年提携先であったウルバン氏のベネディクト・ランク社を吸収合併した事で新たな市場と新しいソリスト達との関係を掴む事ができました。現在は長男でマイスター製作家のStefan、そして次男のChristianと共に高品質な楽器を製作しています。

歴史

Lothar Semmlingerは1980年にブーベンロイトの有名なヴァイオリン製作の中心地に近接したバイアースドルフに彼自身の会社を設立し楽器の製作を始めました。世界中のソリストから支持されている、信頼の老舗メーカーとなり、ふくよかな音色と落ち着きのある美しい仕上がりで、世界中で高い評価を受けてます。Lothar Semmlinger社ではバイオリンに限らず、ヴィオラ、チェロも製作し、販売をしています。ドイツを代表する弦楽器メーカーにまで成長しました。音質ならびに仕上げともに伝統的な音色を表現できる楽器を製作しています。

Lothar Semmlinger モデル

Semmlinger Violin

Semmlinger Viola

Semmlinger Cello

コメント

タイトルとURLをコピーしました