スポンサーリンク

【音楽ジャンルと世界音楽市場】ラウンジミュージックとは? 特徴と歴史 店舗、ホテルBGM

General
スポンサーリンク

ラウンジ・ミュージックというのは音楽ジャンルの一つで、決してメジャーな音楽とはいえません。それはこの音楽は発祥して以来ずっとマイナーでニッチな音楽として認知されているからです。しかしこのジャンルはほそぼそと生き続けており、最終的にはずっと生き残っていく音楽ジャンルではないかとも言われているのです。

スポンサーリンク

ラウンジミュージックとは?

ラウンジミュージックとはBGMを指すことが多いジャンルです。この音楽は基本的に店舗やカフェなどで使用される音楽で、ゆったりとした曲調の、心地よい音楽を指すことが多いです。楽器もピアノやシンセパッド、さらにはジャズやボサノヴァなどのテイストが入っている曲も多数見られます。そのため、このジャンルはイージーリスニングやヒーリングミュージックと混同されることも多く、併用してカフェなどで使用されることも多い音楽です。使用用途はあくまで、BGMが多いためほとんどの人にはあまり記憶に残らないジャンルと言えるかもしれません。現代では電子音楽のテイストも混じったラウンジミュージックが生まれており、さらに多様化してきているジャンルです。

Lounge music

歴史

ラウンジミュージックというジャンルは1920年~1930年ごろにライトミュージックと呼ばれるものが存在していました。しかし実際に認知されるようになったのは1950年代から1960年代にかけてアメリカを中心にして発祥したと言われている音楽です。このジャンルはイージーリスニングに分類されることが多く、静かなテーマで添え物の音楽という位置づけになることが多いです。このジャンルは1990年代あたりから、アーティストたちがレーベルを立ち上げたり、頻繁に楽曲をリリースしたりという行動が見られるようになりました。

そのため、今ではマイナージャンルでありながらも比較的認知されている音楽でもあり、ジャズ、映画音楽、ヒーリングなどのアーティストが製作することもあるジャンルです。また、2000年代に入ると、従来の要素に付け加えて、電子音楽のテイストが混ざったラウンジミュージックも誕生しており、テクノやエレクトリカなどのテイストが混じっている音楽も登場しています。それによりとても現代的なラウンジミュージックに変貌を遂げています。現在この音楽はBGMとして位置づけされており、ホテルのラウンジ、カフェ、スパ、さらにはコンビニエンスストアなどでも使用されています。

有名アーティスト

Martin Denny

アメリカのニューヨーク出身のラウンジ分野の代表的なアーティスト。鍵盤打楽器を中心とし、ラテンパーカッションやアフリカなどのサウンドを混ぜた楽曲が多いです。ジャズ的な要素が多い楽曲を製作しています。

Les Baxter

アメリカのテキサス州生まれの作曲家。ラウンジミュージックを代表するアーティストの一人で、サックス奏者としても知られています。楽曲はジャズ風のものが多く、それに対して民族音楽のテイストも含まれています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました