スポンサーリンク

【ヨーロッパ楽器歴史】リュート : 民族楽器

Instrument
スポンサーリンク

リュートはヨーロッパのとても有名な民族楽器です。近代ヨーロッパのほとんど全ての国で愛用され、「楽器の王」と呼ばれるほどの楽器です。そのため、ヨーロッパ人の中ではメジャーな楽器であり、だれでも知っているものです。起源は中近東で祖先は中世のアラビアのギターであるといわれています。リュートという名前は「木」を意味するアラビア語から由来しているといわれています。

スポンサーリンク

場所

ヨーロッパでこの楽器は生まれました。

リュートの歴史

リュートの起源は中近東で祖先は中世のアラビアで愛用されていた「アル・ウード」と言う楽器です。当時のアラビアの商人がヨーロッパにこれらの楽器を持ち込んだことから独自に進化を遂げ、現在のリュートになったと言われています。13世紀から14世紀ごろにはリュートと思われるギターが絵画の中に出てきています。しかし当時は楽器は小ぶりで、弦の数もあまり多くありませんでした。16世紀から17世紀にこのギターはヨーロッパでとても人気になり、「楽器の王」と呼ばれるほどになりました。当時の詩人たちを初め、マルチン・ルター、ヘンリー8世、エリザベス女王1世、ルイ13世、なども一生懸命リュートを習っていました。ルネサンス期に作られたことからルネサンスリュートと呼ばれました。それ以後のリュート族の楽器はルネサンスリュートを改良・改造したものであることからこのルネサンスリュートと類似している点が多くあります。現在は、クラシックギターやエレキギターなど後発楽器が出てきたことからマイナーな楽器となってしまいましたが、ヨーロッパ人のほとんどになじみのある楽器でもあります。

作曲、編曲に挑戦できる!

リュートの特徴

弦の種類はナイロン弦で「複弦」と言って2本ずつ張られた弦が6~13コースと、とにかく驚くほど弦の本数が多い楽器です。奏法や調弦法はギターに似ています。左手の指でネックを握りながら弦を押さえ、右手の指で弦を弾き演奏します。材質は通常木製であり、ボディーは、「洋梨を半分に切ったような」形状と表現されることが多く、背面が丸く湾曲しているのが特徴です。前面の表面板はクラシックギターよりかなり薄いものが多く、ネックは軽い木で作られています。

超速ネット次世代AI Wi-FiはJ:COM NET

リュートの曲

リュートは今でこそ、エレキギターやアコースティックギターに負けていますが、それでも古典音楽や民族音楽、BGMなどではよく出てくる楽器として有名です。特に中世や近代を背景にしたゲームなどでは多用される傾向にあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました