スポンサーリンク

【南米楽器歴史】マラカス : 民族楽器

Instrument
スポンサーリンク

マラカスは南米で有名な打楽器です。外側は、ヤシ科の植物の一種であるマラカという木の実を乾燥させてつくっています。中には昔の場合は植物の種子や小石を入れていました。しかし最近では、プラスチックや金属の粒を入れたものが多くなっています。マラカスはブラジルのサンバ、スペインの伝統音楽、さらにはクラシック音楽でも使われることがあります。教育用楽器としても使用されることがあり、一般化している楽器です。

スポンサーリンク

場所

南米でこの楽器は生まれました。

マラカスの歴史

マラカスは石器時代と同じくらい昔に存在していました。 アフリカの部族は、古くから受け継がれてきた伝統から、ドラムや多種多様なガラガラなどの楽器を演奏したことが知られています。 南太平洋諸島民はまた、ひょうたんのような種莢を生産する植物を使用して、さまざまなガラガラを発達させました。 取っ手のないガラガラは、乾燥させたココナッツでさえ作られていました。 南アメリカではブラジルのサンバなどで使用されるようになり、これが音楽と非常に強く融合してマラカスは知られていきました。現在キューバでは中程度のサイズのマラカスが、グァラチャ、ボレロ、ソン、ルンバなどで使用されています。南米では1950年代以降、ファン・ビセンテ・トレアルバ の息子サンタナ・トレアルバ の活躍により、マラカスはとても有名な楽器となりました。現代では合成樹脂などで大量生産されるようになり、安価で購入できるようになっています。サルサやルンバなどの伴奏楽器としても使用されています。

超速ネット次世代AI Wi-FiはJ:COM NET

マラカスの特徴

マラカスはマラカという木の実を乾燥させ中をくりぬいて種子や小石を入れて、柄をつけた楽器です。昔は植物の種子や小石を入れていました。しかし最近では、プラスチックや金属の粒を入れたものが多くなっています。植物の種子や小石だと、長期間使っていると、削れて小さくなります。小さくなることで音質が悪くなってしまい、使い心地がよくありません。その一方で、プラスチックや金属を使えば、摩耗することは音質を少なく保つことができます。両手に一つずつ持って振り鳴らす楽器で、リズム楽器として使われます。直径10cm前後,柄の長さ15cmくらいで形状は球形のものです。南米では非常に有名な楽器です。

作曲、編曲に挑戦できる!

マラカスの音楽

マラカスはルンバ、サルサ、サンバなどではとても重要な楽器の一つです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました