スポンサーリンク

【南米楽器歴史】モセーニョ : 民族楽器

Instrument
スポンサーリンク

モセーニョはペルーやボリビアなどで使われている吹奏楽器です。横笛でサイズにはさまざまなバリエーションがあります。ボリビアのモホサ州で生まれたと言われており、その後、アンデス地域へ伝播していったとされています。非常にシンプルなデザインとなっており、かなり昔から存在していたと思われる楽器です。現在では南米を代表する民族楽器となっており、伝統楽器などで使用されることが多いです。

スポンサーリンク

場所

ボリビアでこの楽器は生まれました。

モセーニョの歴史

モセーニョはボリビアのモホサ州で生まれたと言われています。スロバキアで見られるフヤラと呼ばれるフルートと非常によく似ているため、もしかしたらヨーロッパが起源なのかもしれませんが、はっきりしたことはわかっていません。ヨーロッパ人によって南アメリカに持ち込まれたフルートが伝播した可能性があります。アイマラ語を話す人々が使っていたと言われており、結婚式や儀式などで使用されていた楽器です。非常にあまり音色を出すことができるフルートで、アメリカの先住民族楽器であるインディアンフルートと少し似ている音色です。モセーニョは主にボリビアで使用されていましたが、その後、ペルーにも伝播しています。さらにはアンデス地域に広く伝わり、現在では南米の民族楽器の代表の一つとなっています。南米人に限らず、他の大陸の人にも使用される楽器となりました。

モセーニョの特徴

モセーニョは横笛の楽器ですが、構造は縦笛と似ています。リコーダーと同じ「狭くなった通気口とエッジ」があります。モセーニョは大きさな様々で地域によってもサイズが異なります。フルートの長さは約20〜60インチです。穴の数は、3つから6つ以上になる場合があります。短いものは手が届くので縦型で演奏でき、長いものは横で演奏するスタイルです。一般的にアンサンブルで演奏され、ラテンアメリカの民族音楽で使用されることが多いです。昔のモセーニョは、今日最も一般的に見られる低音域のモセニョスとは異なり、高音域に調整されていました、現在は幅広く音域が調整されています。

モセーニョの曲

モセーニョは主に南米の民族音楽で使用されます。さらにはゲーム、映画、ドラマなどの場面で登場することがある楽器です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました