スポンサーリンク

【アーティストとロックバンド】ライブやコンサートで楽器を破壊する理由 ギター、ベースギター、ドラム

General
スポンサーリンク

世界中で共通する事象かもしれませんが、ロックバンドなどはなぜライブなどで楽器を破壊するのでしょうか。よくコンサート内で演奏終了後に楽器を破壊するパフォーマンスが目に付くでしょう。高価な楽器を敢えて破壊するのは、そもそもどのような意味があるのでしょうか。そしてそれにはどんな効果があるのでしょうか。

スポンサーリンク

楽器を破壊する理由

海外・国内問わずライブで楽器を破壊するパフォーマンスをするアーティストはとても多いです。これはロックバンドにとても多い傾向にあります。自分の愛用の楽器を壊してしまうことに抵抗はないのでしょうか?さらに高価な楽器を使っているプレイヤーも多いため、とてももったいないと言えるでしょう。楽器を壊してしまうことにはどんな理由があるのでしょうか。

【楽器の買取屋さん】創業10年の意地で高額買取します。電話受付22時まで対応可能!

パフォーマンス

楽器を破壊するということはライブの事前の予定で入れているバンドがいます。これは衝撃的な場面を演出するためです。これによってファンたちを楽しませるという目的が含まれています。つまり衝動的な行動に出たのではなく、元々の予定に入っていたということです。

感情の高揚

感情が高ぶった影響で楽器を壊すプレイヤーはとても多いです。自分の納得できた演奏ができたときや、最後の演奏を終えたときに達成感を感じて、思いっきり楽器を叩きつけたりして破壊するプレイヤーはいます。

自傷行為

楽器奏者にとって、楽器というのはいわば自分の分身を指します。これは自傷行為とも言いかえることができるでしょう。自身の混沌とした感情を解消したくて、衝動的に投げたり、地面にたたきつけたりするプレイヤーは多くいます。

好き嫌いが分かれる楽器破壊

楽器破壊は楽器自体を壊してしまうため、もったいないという声はとても多く聞こえます。さらに楽器奏者の弾いているものというのは基本的に高価なものが多いため、なおさらそう感じることでしょう。故障してしまったから壊す、ならわかるのですが、ほとんどのバンドは衝動やパフォーマンスとして取り入れられています。刺激的な行為を行うことでファンを熱狂させてくれるという一面も持っているため、壊す場面が好きな人もいるのです。

楽器総合小売店の石橋楽器店!ギター、ウクレレ、電子ピアノ、シンセサイザー、管楽器まで豊富な品揃えが魅力!

楽器メーカーにとっては宣伝?

楽器を壊すというパフォーマンスはある意味過激な行動でもあるため、楽器メーカーにとって良い宣伝にもなります。そのため、このような破壊行為を好意的に捉えているメーカーもあったりするのが実態です。有名なバンドが壊すようなパフォーマンスをすれば、必ず壊されてしまった楽器は注目を浴びます。

破壊用の楽器が用意されている例

バンドによっては愛用の楽器を壊すことに抵抗があり、破壊用のギターやエレキベースなどが用意されていることもあります。必ずしも愛用の楽器を壊しているとは限らないのです。バンドによってはちゃんと使い分けをしていることもあります。

観客が満足

敢えて楽器を壊すという場面を演出することでファンが納得する場合もあります。ファン側から期待される場合もあり、尖ったロックバンドなどはその傾向が強く現れます。バンドの性質によっても、ファンによってもここは差が出てきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました