スポンサーリンク

【音楽とうつ病】会社員がうつ病にならないための処置

General
スポンサーリンク

うつ病は現代社会、現代世界における共通の悩みと言っていいでしょう。ストレス社会において、メンタルヘルスが注目を集めています。ストレスは目に見えないため、自分でストレスがたまっていることに気づいていない方も少なくありません。またストレスがたまっていると自覚していても、うまく解消する方法がわからず、うつ病などの精神疾患に疾患するひともいます。どのような対処を企業はしなければならないのでしょうか。

スポンサーリンク

オフィスに音楽を流す

ストレスフルな環境で社員を働かせていれば、いつかストレスに耐えきれなくなる人が出てきます。人間は年を取るとストレスに反応しやすくなるとされるため、同じ社員に長く働いてもらうためには、職場環境の向上が必要です。社員のうつ病を予防するために、メンタルケアとしてオフィスBGMを導入する会社も出てきています。このようなメンタルケアは企業でも多数導入されてきており、職場環境を買えるためのヒントにもなっています。

仕事中に音楽試聴を許可

商談をしているときや、打ち合わせの時は無理ですが、1人で淡々と作業をするときに音楽試聴を許可している会社もあります。在宅勤務などをしているときは音楽試聴をしていても問題はないでしょう。音楽を聴くことで、辛い感情から逃れられることもあるのです。勿論、うるさい音楽は仕事の効率を悪くするだけなので、選曲は考えたほうが良いです。クラシック、ヒーリング、アンビエントなどがよいでしょう。

音楽療法

うつ病などの精神疾患の治療の一つに「音楽療法」があります。音楽療法にはいくつかの手段がありますが、会社によっては従業員に対して、精神科へ通院することも視野に入れてみるべきです。通院していることで、精神面で崩れることがなくなり、仕事の効率が上がる可能性があります。音楽療法では一般的に副交感神経(リラックスしている時の神経)を優位にさせるような音楽を聴かせるようです。中には完全な効果音を聴かせることもあります。

うつ病に効く音楽

ところで、どんな音楽がうつ病に適しているのでしょう。音楽では心身を和ませ安静モードにもっていく副交感神経を刺激することで、交感神経優位にストップをかけられます。副交感神経を刺激する音域があります。それを多く含んでいるのがモーツァルトの曲。とくにバイオリン協奏曲K218やK219。モーツァルト以外ではバッハのG線上のアリア、中国の二胡の曲なども高い効果を得ています。その他もアンビエントやヒーリングなどが好ましいようです。また、自然音や虫の鳴き声のような音楽も癒しの効果があるとされています。Amazonなどでもこのような音楽療法に向いている楽曲は販売されています。

Amazon

うつ病の時に聴いてはいけない音楽

うつになりやすいジャンルというものもあります。それはポップスやロック、メタルなどの激しいものが特にそうです。元気が出るような明るく楽しいポップスを落ち込んでいるときに聴いても逆効果にしかなりません。自分の気分と同調しない音楽はとことん逆の効果を生み出します。人は気分に同調した音楽を聴くと楽しいと感じたり心を揺さぶられます。落ち込んでいるときにうるさい曲を聴くことは無意味なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました