スポンサーリンク

【歌手志望、楽器奏者志望】上達するには音楽教室と独学どちらがよいのか? プロ志望

Audition
スポンサーリンク

音楽を初めて習うときは音楽スクールと独学どちらが良いのでしょうか。どちらが良いのかは、人によって変わるでしょう。趣味として始めようとする方や、何らかのイベントに向けて練習をスタートする方も少なくありません。独学で始める場合、教室に通う場合、それぞれのメリットとデメリットを考えてみました。

スポンサーリンク

音楽教室と独学どちらがよいのか?

まず結論から言ってしまうと、歌手になりたい人や、楽器奏者になりたい人であれば、音楽教室へ通ったほうがあまりリスクがないと言えるでしょう。あなたの家庭がそもそも音楽に恵まれている環境であれば、話は全く別になりますが、そうでなければ通ったほうが無難と言えます。以下のような理由が挙げられます。

音楽の素養

もしあなたの両親が音楽のプロでなければ、音楽の素養が身に付く環境が家の中にはないです。そのため、この場合であれば音楽教室などで学習したほうが賢明です。どうやって学んでいったいいのかがそもそもわかっていないからです。手探り状態ではなかなか上達しないでしょう。音楽教室のほうが上達が早くなりやすいのです。

基礎と基本

音楽教室では講師がプロ、もしくは音楽大学の出身であるため、基礎と基本に関しては少なくとも身に付いている人が多いです。そのため、何も知らない人にとっては音楽教室ですべてを学ぶことができるのです。わからないことがその場で質問できたり、自分の苦手な点や癖を個人的に指摘してもらえることもメリットでしょう。

練習する習慣

先生が毎週課題を与えてくれるため、怠けること無く練習に励むようになります。怠け癖がつきやすい人ほど、音楽教室はお勧めです。人は何もしていないと、どんどん堕落していく癖があります。自制できない人ほど音楽教室が向いています。

練習仲間

音楽教室をやると練習仲間ができるようになります。独学だと、競争相手もいないため、自分がどの辺の立ち位置にいるのかすらもわからないままになってしまいます。音楽教室に通うと皆で一緒に習うので、やめようにも辞められなくなるのでとてもいいと思います。レッスン仲間や先生の存在がモチベーションになります。

音楽教室のデメリット

以上のように音楽教室のメリットばかり語っていますが、デメリットも存在します。この点も踏まえて音楽教室でレッスンを受けるべきかどうかを考えたほうがいいでしょう。

費用がかかる

一般的に音楽教室の授業料は少し高めになりやすいです。毎月費用が発生するため、自分が本当にやりたいと思えるかどうか、そしてそもそも本人にやる気があるのかどうかを踏まえて、払う価値のあるサービスなのかをしっかり考える必要があります。惰性でダラダラやっていると何も得になりません。

講師との相性

ポイントになるのが講師との相性です。これは性格や思考などによっては全く合わずに練習すらままならないこともあります。そのため、自分の担当講師が自分に合っているかということはしっかり検討したほうがいいでしょう。

独学の場合

独学の場合はどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。両方合わせて書いてみました。

無料

独学のメリットは何と言っても無料だということです。無料であればいくら練習しても本人にリスクは全くありません。そのため、どう転んだとしても自分の金銭的な面で圧迫されることがないため、メリットと言えるでしょう。

上達しない

独学の最大のリスクでもあり、デメリットでもあります。独学はそもそもどのようにしたら上達していくのかということがわかっていません。そのため、何年やっても成果が出ないということが普通にあり得るのです。この場合は独学を辞めて、早く音楽教室へ行った方が賢明です。

変な癖

独学の場合は第三者に見てもらうという機会がそもそもありません。そのため変な癖がついてそれが染みついてしまうリスクがあります。この点は体に染みついてしまうと、取り除くまでに結構な時間がかかってしまうため、大きなデメリットと言えるでしょう。

気づかない

独学の場合は第三者に見てもらうという機会がないため、何が間違えているのか、何が合っているのかがわからなくなってしまいます。自分の力だけでは難しいポイントは、プロの手で見つけ出してもらわないと、いつまでも解決策が見つからないのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました