スポンサーリンク

【教育と音楽】音楽の授業は不要? 義務教育

General
スポンサーリンク

音楽の授業は義務教育の中に必須科目として取り入れられています。しかし音楽は就職にそれ程役に立つのもではありません。数学や理科の授業を頑張っておいた方が堅実で、しかも一般の平均年収よりも高い給料が得られる可能性が高いです。そもそも音楽の授業はなぜ必要なのでしょうか。音楽の授業は本当に必要なのでしょうか?

スポンサーリンク

なぜ学校に音楽の授業がある?

小学生、中学生…と授業の科目の中に必ず音楽があります。そもそもなぜ幼少の頃から音楽を学んでいかなければならないのでしょうか。将来何の役にも立たないと考える子供も多くいるのは知っています。

生まれつき歌が下手な方でも!!【キッスミュージック】

協調性や社会性

音楽自体はぶっちゃけ言ってしまうと就職の役には立たないでしょう。一部の音楽家を目指す人にはとても重要ですが、それはほんの一握りの世界です。音楽をやる狙いの一つとして協調性や社会性があります。ソロミュージシャンも多くいますが、大半の音楽家ですら、レコード会社、音楽事務所などのバックアップがあってこそ、生きていられる存在です。音楽の授業では楽器や声楽を通して、周りの人と協力して音楽を演奏することで、協調性を磨くことができます。そしてこれは同時に社会性を育むことにもなるのです。

感受性を鍛える

音楽は個々人の感受性豊かにするという効果にも期待されています。曲によって人によって心が強く動かされる個所は違い、また同じ曲でも人に寄ってはコード進行が好きな場合もあれば、メロディが好きな場合もあります。同じ曲を聴いても人によって感じることが違うのは、個人個人の心が豊かになった証拠。このように音楽を通じて個人の持っている感性を鍛えるという意味合いが音楽の授業ではあるのです。

超速ネット次世代AI Wi-FiはJ:COM NET

表現の仕方を知る

音楽は作曲でも、歌唱でも、演奏でも、自己表現をしなければなりません。音楽を通じることで、自分自身を表現したり、アピールする能力を鍛えることができます。この能力は社会人になっても必要です。必要なところでしっかり自己主張することで、自分の会社の利益になったり、仕事が進めやすくなったりもするのです。

マンツーマンのボーカルスクール

上達と成長

音楽は楽器をやるにしても、声楽をやるにしても、いきなりうまくなるわけがありません。数年から10年程度かけて毎日練習することで、とびぬけた人材に成長することができます。音楽を通じて、ひとつのことに興味をもったり、練習を繰り返すことで上達できるということを知ることができるのです。これにより、継続こそが最大の力であるということを知ることができます。

音楽家になるためのきっかけ

音楽の授業がきっかけで、プロのミュージシャンになりたいと思う人もいます。これは音楽という存在に触れることで、強い関心が芽生えて、情熱にあふれた人間を形成することができるのです。実際に音楽の授業は成長期の子供にとても強い影響を与えます。中学生になると、大衆音楽に興味を持ち始める子供が多くなるのは音楽の授業の存在が大きいと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました