スポンサーリンク

音楽ライブ : 夏の熱中症 原因と対策

General
スポンサーリンク

音楽ライブは一年中行われているイベントです。コンサートは室内ホールや野外でライブが行われることがとても多いですが、野外ライブの場合はそれなりの暑さ対策が必要になります。近年世界では気温上昇が進んでおり、異常な高温に悩まされる国が増えてきています。そのことから、何も対策をしない人は最悪死ぬことになりますので、自分の身をしっかり自分で守るようにしてください。

スポンサーリンク

熱中症とは

熱中症とは高い温度の環境下において水分不足に陥ったり、体内の温度調節ができなくなることにより発症します。日射病などと呼ばれています。体温の上昇やめまい、けいれん、頭痛などのさまざまな症状を起こす病気です。下記のような症状が現れた場合は、熱中症の可能性を考える必要があります。

  • 立ちくらみ
  • 筋肉痛、筋肉の硬直
  • 大量の発汗
  • 頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感
  • 意識障害、けいれん、手足の運動障害
  • 高体温

熱中症が起こりやすい場所

熱中症は何も野外で起こる事象だけではありません。梅雨の合間に突然気温が上がったなど、身体が暑さになれていない時期にかかりやすい病気でもあります。気温が低い日でも湿度が高いと熱中症にかかりやすくなります。そのため、室内にいても熱中症になる可能性があります。つまり熱中症は場所を問わず、気温の変化が激しい場合や気温の高い状態が続くと怒ります。

熱中症になりやすい人

熱中症になる人はすべての人です。しかしその中でも高齢者は特に熱中症になりやすい傾向にあります。高齢者が熱中症にかかりやすい理由は、若年層に比べて体温調節機能に関わる発汗と血液循環の機能が低下しているためです。暑さ・寒さや喉の渇きも感じにくくなっているので、高温多湿の環境にいてもエアコンを使わなかったり、水分補給を怠ったりする可能性があります。

熱中症対策

暑い時期や温度が高い日において、ライブに行くときは熱中症対策を必ずしてください。何も対策をしない場合は最悪死に至ります。下記のような対策をしてから外出してください。

帽子

野外ライブの場合は通気性のいい帽子をかぶってください。直射日光はかなり体力を奪われ、水分を失う直接的な原因になります。帽子が嫌であれば日傘でも構いません。日光を避けるようにしてください。

Hat

持ち歩き扇風機

今の時代は非常に小さな小型扇風機があります。持って使えるものや首にかけて使うもの等使いやすさも考えた方がいいです。携帯扇風機は、物によっては音が気になる場合もありますので、出来るだけ静かな物を選ぶことをおすすめします。

Electric fan

冷却スプレー

暑さ対策として、冷却スプレーも有効です。冷却スプレーも種類があって、体にかける用やシャツやタオルにかけて冷やす用等、さまざまです。冷却スプレーなら、すこしつかうだけで暑さ対策ができます。

Cold Spray

飲み物

夏のライブはとにかく暑いため、水分が常に奪われてしまいます。人間の活動において水分は一番重要なものですので、必ず補給するようにしてください。また塩分も程よく補給するようにしましょう。

Drink

地球温暖化

現在の地球はどんどん高温化が進んでいます。数十年の間に温室効果ガスの排出が大幅に減少しない限り、21 世紀中に地球温暖化は1.5℃及び2.0℃を超えることが予測されています。温室効果ガスの排出量が非常に高いシナリオにおいては、世界の平均気温は工業化前と比較して、今世紀末までに最大5.7℃上昇するとされています。もしかしたら100年後の世界は夏しかない世界になっている可能性が考えられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました