スポンサーリンク

【音楽と年齢】30代以降は音楽に興味を失くす? 40代、50代以降は最新音楽に興味なし

General
スポンサーリンク

音楽は10代の時が最大のピークで、40代、50代になると音楽の興味を失くしていくと言われています。なぜ年を取ると新しい音楽を受け入れられなくなるのか?気になる人はとても多いでしょうが、これは一般的にどの国でも、見られる傾向です。どうしてこのような傾向になっていくのかを記事にしています。

スポンサーリンク

10代が最大のピーク

あなたの人生を振り返ってみましょう。自分が幼児、さらには学生時代のときには音楽をたくさん聴いていたうえに、最新音楽にも敏感で、さらにはヒットチャートを追いかけていませんでしたか?10代は音楽に関しての関心が最大のピークを迎えると言われています。そして20代、30代と年を重ねていくにつれて、関心が徐々に薄まっていくとされているのです。音楽の好みというのは10代前半に固まりはじめ、20歳ごろにがっちりと固まるのです。一方、30歳になるころには新たな音楽を聴くことはほぼなくなります。このため、それ以降に新たに耳にした、自分があまり知らない音楽はすべて同じように聞こえてしまっていることが考えられます。

超速ネット次世代AI Wi-FiはJ:COM NET

音楽レッスンをする年代が多いのも10代

音楽教室などに通って、ピアノやバイオリンなどを習っていた人は幼児から10代の頃が多いはずです。これは人間の感性が鍛えられる年代でもあり、音楽に対して敏感に感じることができる年代でもあるからです。拒否感もなく、見たまま、聴いたままの音楽を素直に受け入れられる年代であるため、これらの年代の子供たちは成長も早いし、興味や関心度もとても高いのです。そしてそれを証明するように、音楽レッスンを受ける年代が多いのが10代あたりです。

中高年は昔の音楽を聴く

これに対して、40代や50代になった中高年の世代は数十年前のヒット曲を聴いている人が多いです。中高年は子どもの好きな音楽がまったく理解できないとか、関心が湧かないという意見をよくききます。実は音楽の好みの「成長」は意外と早く終わり、30歳あたりで終わるそうです。スウェーデンの音楽ストリーミング配信サービスSpotifyなどの、アメリカのユーザーデータをもとに行われた同種の調査では、音楽の趣味は30代前半で成熟し、33歳までには新しい音楽を聴かなくなると発表されました。

ギター1本でかっこよく弾ける!はじめての「ソロギター講座」

年齢と共に変わる環境

時代が変わると音楽のトレンドも変化していきます。昔はクラシック音楽が流行っていましたが、1900年代はジャズやロックの時代でした。そして2000年代は電子音楽やヒップホップの時代になっています。多くの人が、年齢を重ねるごとに生活環境が変わります。それと同時に音楽も変化していくのです。また、年齢を重ねると、仕事に対する比重が高まり、どうしても音楽に対しての関心や接点が薄くなることも、興味を失くしていく要因の一つです。会社員というのは基本的に拘束時間も長いですし、仕事に集中しなければなりません。

感性は衰えるのか?

音楽レッスンなどを見ていても、10代と30代では吸収力が明らかに違っています。感性というべきか、音楽から吸収できるものが明らかに10代のほうが多いのです。感性の変化は、多くのプロミュージシャンが語っているところで認めているところでもあります。そのため、年齢を重ねるごとに感性は衰えていく人のほうが多いです。感性が衰えを見せていくことで、多くの人が音楽に対する関心を失っていくものだとみられています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました