スポンサーリンク

音楽の好みと関連性 性格 趣味 特徴 年代

General
スポンサーリンク

音楽にはたくさんのジャンルがあります。ポップス、ロック、クラシック、ジャズ、ヒーリング、レゲエ、アンビエント、EDMなど。人それぞれ、好む食べ物や洋服などが違うように、好む音楽も違います。音楽のジャンルに対して、個人が好む音楽にその人の性格傾向が反映されていることがわかっています。ある大学の研究で、音楽の好みと性格には関連があるという面白いデータがあります。

スポンサーリンク

音楽の好みと性格

ヘリオット・ワット大学のエイドリアン・ノース教授が世界中の3万6000人を超える人々を対象として104の音楽ジャンルに分け、好きなジャンルと自分自身の性格についてを調査した結果、音楽の好みと人格のタイプは密接に関係しているという結果を発表しました。各音楽ジャンルを好む人と、その性格の関連性がわかっているのです。さらにこの調査は国籍や地域、人種を問わず調査をしていることから、人間全体に言える傾向です。これらの特性は、文化差・民族差を越えた普遍性を持っていると言われています。

ブルース

プライドが高い、創造的、穏やか、穏やか、気楽

ジャズ

プライドが高い、創造的、発信的、気楽

クラシック

プライドが高い、創造的、内向的、気楽

オペラ

プライドが高い、創造的、穏やか

カントリー・ウェスタン

勤勉、外向性

レゲエ

プライドが高い、創造的、勤勉ではない、穏やか、優しい、気楽

ソウルミュージック

プライドが高い、創造的、外交的、優しい、気楽

ダンスミュージック

創造的、外向性、穏やかではない

インディーミュージック

自尊心が低い、創造的、勤勉ではない、穏やかではない

ボリウッド

創造的、外向性

ロック

自尊心が低い、創造的、勤勉ではない、外交的ではない、穏やか、気楽

ポップス

プライドが高い、創造的ではない、勤勉、外向性、穏やか、のんびりしていない

10代の時に聞いた音楽

ほとんどのひとは10代の頃に聴いていた音楽ジャンルはその後の人生に大きく影響するという結果がアメリカの新聞ニューヨークタイムズで発表されています。男性の場合は13~16歳の間に聴いた音楽がその後の人生に影響を与え、女性の場合は11~14歳の時に聴いた音楽の影響が後の人生に影響を与えるのです。10代のときに聴いている音楽のジャンルはその人の人生、性格、特徴すべてに影響しています。

年代の特徴

日本の調査会社NRIインサイトシグナルのデータ調査では年代に置いて、音楽の好みが変わることが分かっています。ロックやポップスの好みはすべての年代で共通していますが、あるジャンルの好みでは明らかに違いがあることが分かっています。

20代、30代

アニメ・ゲーム系の音楽が好きで他の年代と比べて内向的・ネガティブ・一人好きな傾向にあります。冒険好きであるが、どこかで不安を抱えている傾向にあるようです。さらにはEDMなどを好む人も多めの世代です。

40代、50代

フォーク・ジャズ・クラシックを好む人が多い傾向にあり、他の年代と比べてポジティブで伝統や安泰を好む傾向が高い。あまり多くの変化を望まず、現状維持を望んでいることが分かります。他にはサウンドトラックや、アンビエントなども好む傾向にあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました