スポンサーリンク

【世界の音楽市場2023】音楽サブスクリプションの利用者急増と成長する市場 音楽サブスクリプション会社一覧

General
スポンサーリンク

音楽サブスクリプションという市場は2020年代に入りさらに勢いを増してきています。音楽サブスクリプションというとSpotifyがぶっちぎっておりましたが、近年はその勢いに陰りが見えてきており、他社が猛烈な勢いで追い上げを見せてきているのです。

スポンサーリンク

音楽ストリーミングのビジネスモデル

音楽ストリーミングサービスは音楽配信プラットフォームを通じて、有料会員に対して、音楽レーベルや音楽出版社が管理する楽曲再生を提供するサービスです。定額で使い放題、聴きたい放題のサービスになっており、近年の音楽ビジネスにおける中心になってきています。サブスクリプション課金をするユーザーは年々増えています。

やっぱりケーブルテレビが安心?今なら最大79,200円相当貰えるJ:COM

日本でもサブスクリプション利用者増加

日本でもサブスクリプションの利用者は増えています。日本レコード協会の統計によれば2019年の日本の音楽コンテンツ市場は、CDなどのオーディオレコード市場が1,528億円で前年比3%の減少であったのに対し、音楽配信市場は706億円で前年比10%増。有料サービス利用者数は2022年末に2,770万人、2023年末には2,930万人に拡大すると予測されています。日本は世界の音楽ビジネスの中でもとても遅れている国と言われていますが、そんな国でも利用者が徐々に増えています。

Source : Creatorzine

音楽サブスクのメインユーザー層は10代〜30代です。ICT総研が4,409人を対象として実施したWebアンケートで、有料サービスの利用者は24.2%、無料サービスの利用者は22.0%。年代別では、有料サービスでは20代〜30代、無料サービスは10代〜20代の利用率が高く、年齢層が高くなると利用率が低下する傾向にあります。

音楽ストリーミングの世界市場シェアとランキング

音楽配信・ストリーミングサービスを提供する会社は2020年代頃からいろいろな会社が勢いをつけてきています。音楽サブスクリプションサービス市場において、最も大きなシェアを有するのはSpotifyであることに変わりはないのですが、他社もとても大きく追い上げてきていることが分かっています。AppleやAmazonが近年力を付けてきており、今後は1位を狙う可能性もあります。その他はまだまだこれからという印象が強いです。

Source : GIGAZINE
マンツーマンのサックスレッスン

音楽サブスクリプションの主要サービス

音楽サブスクリプションに興味がある方は以下のような会社をチェックすることが好ましいでしょう。

Spotify

2006年にダニエル・エク氏が設立したスウェーデンに本拠を置く音楽配信サービス会社。音楽サブスクリプションにおいては世界のトップを走っています。有料音楽配信に加え、広告付き無料音楽配信サービスやポッドキャスト配信サービスも展開しています。

Spotify

Apple Music

Spotifyに続いているのがこのAppleです。2015年にサービスを開始しており、ユーザーは増加傾向にあります。Appleは今後もサービスを拡大していく方針で、サブスクリプションに加入するユーザーも増えていくと言われています。

Apple Music

Deezer 

フランスに本拠を置く音楽配信サービス。まだまだ新鋭の会社であるため、知らない方も多いですが成長が見込まれている会社で、欧州と南米を中心に活動しており、ユーザーが多くいます。

Deezer

Napster

元々はP2Pの音楽共有サービスをしていたのですが、近年は音楽サブスクリプションが中心になってきています。

Napster

YouTube Music

Youtubeが音楽サブスクリプションを2015年に開始しました。YoutubeがGoogle Musicでも音楽配信を展開していましたが、YouTubeブランドに統一しました。

YouTube Music

Amazon Music

2007年にサービスを開始したAmazonは世界中に多数のユーザーを抱えています。楽曲数を拡充させたAmazonMusic Unimitedも展開しています。

Amazon Music

コメント

タイトルとURLをコピーしました