スポンサーリンク

【オーディション】歌手になりたい人 音楽専門学校

Audition
スポンサーリンク

歌手になりたい人は世界中にいくらでもいますが、実際に歌手になって、しかもずっとやっていける人というのはとても限られています。歌手はとても狭き門で、実際になるためには絶対にあきらめない心と、挑戦する気持ちを持っている必要があります。歌手志望の人の中には専門学校へ通うことを検討している人も多いでしょう。しかし実際のところ専門学校へ行けば歌手になれるのか?というと意外とそうでもありません。

スポンサーリンク

歌手になるための方法

歌手になるためにはまず行動しなければなりません。具体的な方法は下記記事を参考にしてみてください。

学校の種類

歌手になりたい人の中には専門学校へ通う人もとても多いです。しかしどのような学校があるのでしょうか。学校の主な種類としては、音楽関係の専門学校、ミュージックスクール、あるいは音楽大学があります。歌手に学歴は必要ないので、これらの学校を出ていなければなれない職業というわけではありません。実力やセンス、人脈、そして運に恵まれれば、完全に独学でも歌手としてデビューできます。あくまで学校は選択肢の一つだと思っておいてください。

音楽専門学校

音楽専門学校は歌手を目指すための専門学校。歌い方、音楽史の勉強や作詞作曲のコツなどが学べます。効率よく、音楽に関する知識を取得できるため、非常に短期間で有益な知識と実力は身につきます。勿論有料になるため、学費がかかることは覚えておきましょう。また、週に何度通学するのか、レッスンを受ける人数などによって学費は変わってきます。

音楽大学

音楽大学には声楽科があります。声楽を学ぶことで、歌手としての基礎基本が身につきます。音楽専門学校に比べると、明らかに実力のある人が教師になるため、しっかりとした実力を身に付けることが可能です。しかしその分、学費が高いのが特徴です。オペラ歌手などを目指す人は音楽大学へ行ったほうがいいでしょう。オペラ歌手の場合は圧倒的な実力がなければ舞台に立てません。その一方でポップスの歌手を目指す人は行ってもいかなくてもどちらでもよいでしょう。

留学

人の中には音楽先進国である、アメリカやヨーロッパへ行って現地の音楽大学や、専門学校に通う人も多いです。この場合はとても学費や旅費、生活費がかかりますので、ある程度資金力がある人に限定されるでしょう。さらに現地でオーディションを受けるという手もあります。アジアやアフリカの音楽市場は狭いため、ヨーロッパやアメリカの音楽市場で戦ったほうが歌手になれる可能性は上がります。勿論、ライバルも増えます。ハイレベルなレッスンを受け、各国から集まったライバルと切磋琢磨しながら歌唱力や表現力を高めていけるのは、留学の大きな魅力といえるでしょう。

独学で歌手

歌手は、特定の学校やスクールに通わなければなれない職業ではありません。完全独学であろうと、プロになっている歌手はとても多いです。そのため、特に大衆音楽の歌手になりたい人は絶対に学校に通わなければならないというわけでもないです。その一方で、独学を続けているけど、伸び悩んでいたりする人も多いのが現実。独学のデメリットは、客観的に自分の歌の良し悪しを判断しにくいことにあるといえます。自分自身しか見えなくなってしまうため、周りの評価を受けることがなく、自分が本当に正しい道を歩めているのかどうかが判断できない場合もあるでしょう。その場合は、一度学校や大学への道を選ぶことも重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました