スポンサーリンク

【歌手、作曲家、編曲家、作詞家、バンド】音楽の仕事は楽しいのか? 理想と現実

Audition
スポンサーリンク

歌手や作曲家、編曲家、さらにはデュオやバンドなど、様々な形態で音楽の世界で活動している人がいます。職業音楽家というのはとても楽しそうで夢のある職業に見えるのですが、それが意外と、そうでもなかったりするのです。どうしてもビジネスとして音楽をしているため、やりたいことと実際にやることに対してギャップもあります。

スポンサーリンク

ビジネスとしての音楽家

音楽家として生きていくにはマーケットの中で生きていかなければならないという制約があるのです。そのため、音楽家になって好き放題できるかといえば、そうでもありません。制約が多いため、ミュージシャンをやめていくプロのプレイヤーも数知れずいるのです。ビジネスとしてやっていく以上、理想と現実のギャップが必ず生じることになります。プレイヤーの中には、敢えてインディーズとして生きていく人も少なからずいるのです。

超速ネット次世代AI Wi-FiはJ:COM NET

自分のやりたい音楽

アーティストでも作曲、作詞でも、自分のやりたいことを必ずしもビジネスにできるわけではありません。商業の世界はどのジャンルでも、マーケットの上で成り立つものです。そのため、自分の志向している音楽が必ずしも、プロになっても続けられるとは限りません。売り上げありきになってしまうため、どうしても事務所やレコード会社の意向によって、活動方針も決まってしまいます。

束縛される

プロの音楽家としてやっていくには、当然制約があります。アマチュアのときのようにやりたいときにやるではなかなか通用しません。楽曲製作や収録など、スケジュールはある程度決まっており、そのスケジュールの中で動かなければならないのです。アーティストや作家によっては、複数の仕事が並行に走ることもあり、その時はとても忙しくなっていきます。人によっては寝れない日もあるのです。

報酬も高いわけではない

音楽で得られる報酬はそれほど高いものではありません。プロのアーティストや作家の9割以上はサラリーマンの生涯収入よりも低いという現実があります。つまり音楽家をやるよりも普通に会社員をしていたほうが確実に稼げますし、安定した生活を送ることができるのです。そのため、決して優雅な生活を送れるわけではありません。

マンツーマンのボーカルスクール

マネージャーに管理される

アーティストや作家などは、事務所やレコードレーベルに所属すると、マネージャーなどによってスケジュール管理されてしまいます。そのため、自由な生活を送れるというわけではありません。日によっては突然仕事を入れられてしまうことも少なくないのです。そのため、アーティストだからと言って、優雅に自由に生活できるというわけではないのです。

解雇される

アーティストや作家などは個人事業主という位置づけであり、さらにそれ程需要の高くない音楽家という職業をやっています。そのこともあり、けっして将来も安泰ではありません。売り上げが悪いと解雇されるということも良くあります。解雇されれば、次の仕事をそもそもどうしたらいいのかを考えなければならない状態になってしまいます。不安や恐怖と隣り合わせの職業でもあるのです。

フレッツ光でインターネットも電話開設もまとめて手配

不安定な収入

音楽家の収入は極めて不安定です。会社員のように法律で給料が保証されているわけでもないため、立ち位置としては会社員よりも下になります。仕事が多い時期もあれば少ない時期もあり、収入はかなり上下するのがこの業界の特徴です。そのため、精神衛生上とても良くない仕事とも言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました