スポンサーリンク

【音楽と教育】音楽センスを伸ばす方法 音楽の才能は先天的?

General
スポンサーリンク

一般的に音楽のセンスは生まれ持ったものと思っている人はとても多くいます。「音楽こそ生まれ持ったセンスが必要」。その言葉に惑わされ、自身の音楽的才能を疑う人も少なくありません。しかし実際にプロのアーティストや作曲家、作詞家になった人は、自分が才能があるかどうかを気にして、音楽をやっているわけではないのです。

スポンサーリンク

音楽センスを伸ばす方法

音楽センスというと、先天的なものだと思っている人がとても多くいます。しかし音楽センスというものは、ほとんどの場合、磨いて伸ばしていくことで開花することが多いです。では実際にプロになったアーティスト、作曲家、編曲家、そして作詞家などはどうやってセンスを身に付けていったのでしょうか。

J:COM

たくさんの音楽を聴く

音楽の引き出しが多い人や、表現がとても豊かな人は普段から常人よりも、たくさんの音楽を聴いています。そして多数のジャンルも聴いています。ポップスだけでなく、サウンドトラックやジャズ、ヒップホップ、EDMなどたくさんのジャンルの音楽を聴くことで新たな発見ができるのです。今まで聴いてこなかったジャンルにも手を伸ばすことで音楽的感性を鍛えることができます。自分だけでは思いつかなかったような発想を得ることもできます。

音楽の学習

音楽的センスを磨くためには音楽に関しての勉強が必要です。センスを磨くのに音楽知識を学ばなければならないのは必然と言えるでしょう。センスを曲に反映するにはどうしてもそれ相応の技術が必要となります。何もわからない人では、音楽の中でどのように応用できるかもわからないのです。音楽が好きであれば、音楽の勉強も苦にならないはずでしょう。

シアーミュージックの公式サイト

毎日の練習

音楽センスを鍛えるためには毎日の練習が必須です。一番大事なのが練習で、これは歌手や楽器奏者、さらには作曲家でも同じことが言えます。音楽は感覚で行う分野であり、その感覚が鈍っていては、優秀な音楽家にはなれません。365日ずっと音楽の練習は必要なのです。継続こそが最大の力と言えるのです。

音楽の才能は先天的?

音楽の才能は先天的な要素が強いと思っている人がとても多くいます。しかし現実を見てみましょう。実際に歌手になった人や作曲家になった人は決して恵まれた環境にあったと言えない人も多いのです。

「ナユタス」東証一部上場グループが運営するボイトレスクール

親の職業

音楽家になれることと家系は一切関係ありません。親が音楽とは一切無縁の職業であったとしても歌手になっている人は世界中いくらでもいるのです。そのため遺伝的な要素はそれほど、音楽家になることと関係性がありません。

中年から音楽家

音楽は良く、子供の頃から始めたほうがいいと言われています。それはその通りですが、実は中年である40代、50代から音楽家としてプロになった人も少なからずいるのです。驚くことに、これらの人たちは大人になってから音楽を始めた人もいるのです。そのため、年齢がすべてではないのです。

転向して音楽家

子供の頃は歌手を目指していたけれど、大人になったら作曲が好きになって作曲家になったというパターンも良くあります。子供の頃に思い描いていたものとは別の職種で音楽家になるケースはとても多くあります。そのため、先天的な要素だけですべてが決まるとは言えません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました