スポンサーリンク

【日本楽器歴史】三味線 : 民族楽器

Instrument
スポンサーリンク

三味線は日本の伝統楽器と言われる三味線ですが、そのルーツを辿っていくと紀元前の中国にまで遡ります。三味線は400年の歴史があり基本設計がほとんど変化していない楽器として有名です。弦を弾いて演奏される撥弦楽器である。四角状の扁平な木製の胴の両面にネコやイヌの革を張り、胴を貫通して伸びる棹に張られた弦を、通常、イチョウ形の撥で弾き演奏するものです。今では日本で有名な楽器となりました。

スポンサーリンク

場所

日本でこの楽器は生まれました。

三味線の歴史

三味線は日本の伝統楽器と言われる楽器ですが、ルーツは中国にあります。紀元前の中国、秦の時代に存在した「弦鞀」という弦楽器が時代と共に変化して行き、13~14世紀頃の明の時代には「三弦」と呼ばれる楽器になりました。三弦はその名の通り弦が3本あり、胴体部分は蛇皮が貼られている楽器でした。主に歌の伴奏に使われており、単独で演奏されることはあまりなかったようです。14世紀末頃にこの三弦が交易によって琉球王国に伝わり、形はほぼそのままに独自に発展していったものが今でもよく知られている「三線」です。三線は15世紀頃より現在に至るまで主に沖縄にて人々に親しまれ続けています。

16世紀頃に日本と琉球王国の貿易によって日本に伝わり、そこからおよそ半世紀程の間に改良されて生み出されたのが三味線です。三味線は三弦や三線と違い、胴体部分は犬や猫の皮が用いられることが多くありました。17世紀頃の江戸時代に現代の三味線と全く変わらない三味線が完成しました。江戸時代には音楽の間に、厳格なる制限が行われていて、雅楽は貴族に、能楽は武家に、箏曲は盲人に、尺八は虚無僧に限定されていました。そこで広く民衆の手に委ねられてたものは、唯一三味線に限られていました。そのような背景があったため、三味線は一気に広まっていきます。初めは都市部の上流階級が嗜むものでしたが、やがては庶民階級、そして地方までにも広がり、独自の発展と遂げました。特に女性は三味線などの芸事に秀でると上流階級の家に嫁げる可能性すらもありました。しかし20世紀に入ると、強力なライバルが登場し、衰退します。ギターやベースなどという洋楽楽器が登場したことにより、時代と共にだんだんとその姿を消していくことになります。

三味線の特徴

三味線は胴、棹を主パーツとし、胴から棹にかけて張られた3本の絃を撥や指などで弾く事で音を奏でます。ギターのようにフレットはなく、勘所と呼ばれるポイントをうまく押さえる事で様々な音階の音を出します。胴や棹は木材を使用し、紅木・花梨といったものが使用されます。皮は犬・猫の皮が使用されます。演奏ジャンルはとても多く、長唄、小唄、三曲、民謡、現代的な演奏など多岐に渡ります。テレビなどで聞く迫力ある演奏は津軽三味線系統の演奏が多いです。元々は中国から伝来した「三弦」ですが、現在では、落語や漫才などの寄席で効果音として使われる場合もあれば、お座敷などで芸者が踊りに合わせて奏でることもあります。

三味線の種類

Futozao

Chuzao

Hosozao

コメント

タイトルとURLをコピーしました