スポンサーリンク

【中国楽器歴史】チャルメラ : 民族楽器

Instrument
スポンサーリンク

チャルメラは伝統的な中国の楽器。ダブルリードホーンで、古代イランが発祥で、当時は「スルナ」と呼ばれていました。長い間お祭りや軍の目的で使用されてきた楽器で、中国民衆にとてもなじみのある楽器です。台湾では儀式音楽の不可欠な楽器でもありました。チャルメラは東ヨーロッパと西アジアから中国に伝播されました。中国の伝統音楽の世界ではかならずといっていいほどよく出てくる楽器です。

スポンサーリンク

場所

中国でこの楽器は生まれました。

チャルメラの歴史

チャルメラはダブルリード楽器で東ヨーロッパと西アジアから中国に伝播されました。漢王朝後期に最初に登場しました。チャルメラという用語は、楽器のアラビア語の名前であるズルナに由来しています。キジルの仏教の洞窟寺院で3世紀から5世紀に作成された絵画に描かれています。行列や軍隊に最適なチャルメラの音は軍楽隊にも採用され、古代や中世の中国でも使用されています。明王朝までの中国文学では言及されていませんでしたが、この時までに中国北部にチャルメラがすでに確立されていました。チャルメラは、海外へも伝播しました。ハバナのキューバ人に伝わり、伝統的な楽器として使用されました。地元ではコルネタチャイナとして知られており、1915年以来、サンティアゴデクーバのコンガカーニバル音楽の主要な楽器の1つとなっています。ハバナでは、「トロンペタチャイナ」として知られています。アメリカでは、ジャズサックス奏者のデューイレッドマンがパフォーマンスでしばしばチャルメラを演奏し、それを「ミュゼット」と呼んでいました。イギリスのベーシストでサックス奏者のミック・カーンは、この楽器をディダと称して使用しました。

作曲、編曲に挑戦できる!

チャルメラの特徴

チャルメラはダブルリードの木管楽器です。 マウスピースは、穴とフレア銅の端を持つ木製のパイプシャフトに接続されています。 音符は運指で演奏され、プレーヤーは口を使ってチャルメラの音量、ピッチ、音色を制御します。巧みに演奏されたチャルメラは、時には鳥の鳴き声に似た、はっきりとした明るい音を生み出します。チャルメラはチベット民族が使用しているギャリングホーンと同様の円錐形の木製の本体を備えていました。20世紀半ば以降、中国では「近代化された」バージョンのチャルメラが開発されてきました。半音階の演奏と平均律のチューニングを可能にします。中国、台湾、シンガポールの現代の大規模な中国の伝統楽器オーケストラの木管楽器セクションで使用されています。、現代の音楽アレンジにも使用されており、ポップスの楽曲でもしばしば登場します。

J:COM NET

チャルメラの曲

チャルメラは主に中国の伝統音楽で使われることが多いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました