スポンサーリンク

【日本楽器歴史】太鼓 : 民族楽器

Instrument
スポンサーリンク

太鼓は日本の伝統的な楽器の一つです。日本の太鼓には多数の種類を持っており、実は日本人でも知らない人がたくさんいます。そのため、太鼓という一つの言葉だけで集約するのはあまりにも短絡的な発想と言えるでしょう。外国ではTaikoと表現されていますが、複数の種類の太鼓を掛け合わせることでとても美しい音楽になることもあります。太鼓は強烈な音を出せることから映画やテレビのサウンドトラックでも使われています。

スポンサーリンク

場所

日本でこの楽器は生まれました。

太鼓の歴史

太鼓は日本人によって開発されました。3世紀末から6世紀には日本に太鼓が存在していたことがわかっています。中世に入ると、田楽などの娯楽が盛んになり、太鼓は日本人にとって主要な楽器となっていきます。戦国時代になると、戦国大名達が自軍の統率をとるために太鼓を利用した陣太鼓が主流になりました。江戸時代には祭礼行事の伴奏としての太鼓演奏のほかに、太鼓好きが集まって太鼓を打つ「のら打ち」が盛んになります。昭和初期には太鼓の技術や芸を競う太鼓打ち競技会が行われ、今では、盆踊りの主役として演奏されたり、呪具として神社や寺院に置かれています。

太鼓の特徴

太鼓には色々な種類がありそれによって出る音は皆独特なものがあります。

長胴太鼓

宮太鼓とも言われ、神社仏閣で使用されることがメインです。日本の太鼓の多くはこの太鼓を使用し演奏しています。

締太鼓

締太鼓は、お囃子や獅子舞などの際に伴奏などで目にすることが多い太鼓です。

桶胴太鼓

胴が桶のようになっていることから「桶胴太鼓」という名前がついています。

平太鼓

低音気味な音質が特徴の太鼓です。胴の短さが外見上の特徴です。

他の太鼓とは違い、手で打ち鳴らす太鼓です。小鼓と大鼓にわかれています。

団扇太鼓

胴がなく、円形の枠に膜を張った太鼓です。手で持って叩くことができる軽量サイズの太鼓です。

太鼓の曲

太鼓は日本伝統の楽器であることから民族音楽で使用されることが多いです。また、お祭りや儀式で使われることも多い楽器です。日本には太鼓を専門としたいくつかのアーティストがいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました