スポンサーリンク

【バイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス】お店で購入 ネットショップで購入 どちらがいいのか?

Instrument
スポンサーリンク

バイオリンやヴィオラなどのオーケストラ楽器はまさに楽器の花形と言えるものでしょう。多くの人が憧れてこれらの楽器を始めますが、大半の人は楽器店へ行って購入する人が多いです。しかし近年はインターネットがかなり発展していることから、インターネットで購入する人も手出来ています。どちらがいいのでしょうか。

スポンサーリンク

楽器店で購入する場合

20世紀まではバイオリンやヴィオラなど、楽器店が購入するという形が通例でした。ほとんどの人はお店で、店員と相談しながら楽器を試しに触ってみたり、演奏してみたりして購入を検討していました。実際に実物を触って、弾いてみることで自分に合うかどうかを確かめることができるため、かなり効率的で無駄がないと言えるでしょう。外れを引く可能性がないため、非常に無難な購買方法ともいえます。

【初心者向けヴァイオリンレッスンDVD&楽器セット】

ネットショップで購入する場合

ネットショップで購入というのは2000年代に急速に増えてきています。ワンクリックで注文すれば、配送されてくるため、とても気が楽です。その一方で、実際に実物を見たことがないということと、触っているわけでもないため、商品が到達しても弾きにくいなどという展開が起こりえます。実際に触っているわけでもないために自分に合わないという事例が起こってしまうのです。また配送されてきてようやく使用できるため、購入してから実際に仕えるまで時間がかかります。

初心者の場合

初心者の場合はそもそも弦楽器自体にも疎い人が多いでしょう。そのため、バイオリンなどがどのような楽器なのかを知ることから始めたほうがいいので、まずはネットでもお店でも購入してみてとりあえず使ってみるということが大事です。最初の1本目はできるだけ安いものにしましょう。2本目からしっかり選んで、買うようにすれば問題ありません。

超速ネット次世代AI Wi-FiはJ:COM NET

楽器演奏家の場合

バイオリンなどの弦楽器でお金をもらって生活しているプロの演奏家の場合は、自分に合う、合わないは死活問題になります。そのためネットショップで気軽に購入するのはとてもではないですが、おすすめできません。ちゃんとお店へ行って、試しに演奏してから購入するかどうかを検討してください。値段以上に自分に合うかどうかというのが一番大事です。

弦楽器に慣れている人

バイオリンやヴィオラなど、ある程度弦楽器に慣れている人は目も肥えているため、お店で購入しても、ネットショップで購入してもある程度使いこなせるでしょう。もちろん、ある程度のことは自力で解決できることが条件になります。

マンツーマンのベース レッスン

疑問や不安がある人

楽器に対して不慣れであったり、不安や疑問を持っている人はネットショップで購入することはおすすめしません。それはその場で質問できるわけでもなく、アフターフォローなどもない場合が多いからです。その点を考えるとお店の場合は、店員がしっかり回答してくれるため、その場で疑問が解決されていきます。

中古品購入の場合

中古品を購入する場合は、特にネットショップが要注意です。それはどれくらい古いものなのか、どれくらい損傷しているのかなど、状態が明記されていないものが多いです。そのため、実際に購入してから商品が到着してがっかりする人も少なくありません。できるだけお店へ行って、見てから選んだ方がいいでしょう。

シアーミュージック

料金

単純に料金だけで、購入を検討している場合は、ネットショップが圧倒的に有利です。理由としては世界中のお店を見比べることができるため、安いお店を選択することができます。時期によってはセールも行われているため、タイミングが良ければかなり安いものを買うことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました