スポンサーリンク

【歌手、声優、ナレーター、通訳、アナウンサー】声帯に寿命はあるのか? 老化予防はできるのか?

General
スポンサーリンク

歌手、声優、ナレーター、通訳、アナウンサーなど、声を仕事にしている人にとって、声帯とはまさに命と同じくらいの価値があります。声を出すことによってお金をもらうことができ、職業家として活躍できるわけですから、生命線といってもいいでしょう。声帯には老いというものはあるのでしょうか?そして老化を予防することはできるのでしょうか?

スポンサーリンク

声帯は老化するのか?

声帯は体の筋肉を使って使用できる体の部位です。そのため年齢を重ねると、老化していくため、筋肉が衰えることで、声がかすれたり、張りのある声が出せなくなってしまうことになります。この減少は10代や20代までの人には見られませんが、30代になってくると、徐々にこの傾向が表れ始めます。勿論突然劣化するわけではなく、徐々に張りのある声が出せなくなるのです。これは特に常時トレーニングをしていない人などには顕著な傾向が見られます。

声が老化する原因

声帯は声帯を動かす筋肉によって動かすことができます。年をとると身体の筋肉が衰えるように、声帯の筋肉も衰えます。これにより筋肉を動かしにくくなってしまい、声帯を上手く鳴らせなくなるのです。声が変化する原因は細胞の劣化が直接的な理由ですが、細胞の劣化によって引き起こされるのは、声帯のゆるみ、筋肉のゆるみ、表情のたるみ、肺活量の低下などであり、すべてが声帯を鳴らすことに対して悪影響を与えます。

声の老化は予防可能

そこで疑問になるのは高齢の歌手や声優、さらにはナレーターなどはなぜ、年をとっても張りのある声が出せるのでしょうか。上記の理屈の通りであれば、中年以降になれば声が出しにくくなるはずです。しかし実際のところ、プロはそうでもないのです。つまりどういうことかというと、声のプロたちは発声練習を恒常的に行っているからなのです。つまり練習をすることによって、声の老化は予防ができます。

ボイストレーニング

声のプロと言われる職業の人たちはボイストレーニングをしていることが多いです。ボイストレーニングとは何も歌手だけに限定されたものではありません。たしかにボイストレーニングというと、バンドのボーカルなどがやっているようなイメージが強いかもしれません。しかし声を扱う仕事であれば、ボイストレーニングはどの職業に対しても有効なトレーニングなのです。

日常でできること

声の劣化を防ぐためにはボイストレーニングだけが有効とは限りません。日常生活の何気ないことにも声の老化を防げる機会がいくらでもあるのです。声を出し、人と話し、歌うことが重要です。また声を出すときは水分補給や加湿にも気を付けてください。乾いた状態で声を出すと声帯が傷ついてしまいます。

喋る

よくしゃべる人は声の老化が遅いと言われています。これは毎日喋っていることで、声帯を動かす筋肉が使われているため、筋肉が鍛えられているからです。よくしゃべる人は高齢になっても滑舌もよいでしょう。その一方で、無口な人ほど、声はかすれています。

歌う

歌うことでも声帯は筋肉をよく使うため、老化を防ぐことができます。歌が好きな人や土日に教会で歌う人などは声の老化がとても遅いです。その一方で、音楽に全く興味のない人でかつ歌う機会もない人ほど、劣化は早くなります。

音読

本や新聞などを音読する人も声の老化は遅い傾向にあります。声を出していることで筋肉が使われ、鍛えられるからです。これによって、劣化を防ぐことが可能になるのです。

声が老化する人の特徴

上記で分かったと思いますが、声が老化する人にはある程度の共通する特徴があります。どれかに当てはまる人は声を出す習慣を身に付けてみましょう。

無口

無口な人はとても声の老化が速いです。これは声帯を動かす機会がそもそもないため、劣化していくスピードが速まります。危険な兆候なので、生活習慣を変えたほうがいいでしょう。

一人暮らし

一人暮らしの人は周囲に会話をする人がいません。基本的に無口で生活をしているでしょう。ペットでも飼っていれば話は別ですが、完全に孤独な暮らしをしている人も声の老化は、他の人よりも速い傾向が見られています。

会話が不要な職業

デザイナー、プログラマー、小説家などといった、完全に自己完結ができて、かつ会話も不要な職業の人は、そもそも会話をする機会がありません。そのため、声帯の劣化が早い傾向にあるため、危険です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました