スポンサーリンク

【イギリス音楽ジャンルと世界音楽市場】Waveとは? 歴史と特徴 エレクトロニックミュージック

General
スポンサーリンク

Wave Musicとは2000年代に生まれてきた新ジャンルの音楽です。この音楽はとくにイギリスで注目を浴びており、ロンドンを中心にヒットしています。この音楽は未成年などのトラックメーカーなどが、コミュニティなどで繋がって開発されたジャンルとされており、比較的若い年代をターゲットにしている音楽ジャンル。現在ではヨーロッパで拡大中です。

スポンサーリンク

Waveとは?

Waveとはエレクトロニックベースミュージックに分類される音楽です。この音楽はオンラインコミュニティで生まれた音楽とされており、クラブに行ったことがない若者たちが製作した音楽です。そのため、BPMのレンジも100~140と幅広く、クラブでの鳴り方を意識されていない音楽です。メロディックなシンセ、女性ボーカルやTrap風のビートを持っていることがこの音楽の特徴です。4つ打ちの作品というのがほとんどない点が安易なイージーリスニング系の音楽とも言えるでしょう。また、Waveは、全体的にダークで冷たい印象を与えるサウンドが多い一方で、甘い雰囲気を漂わせるようなメロディーに重きを置いています。YouTubeなどのストリーミング プラットフォームでもWaveは発信されるようになり、2010年代後半からはライブなども盛んにおこなわれるようになっています。2020年代になるとトランスとの融合された音楽なども出現するようになりました。

作曲、編曲に挑戦できる!

Wave Musicの歴史

Wave Musicは2010年代に生まれた音楽とされています。元々はクラブに入場できない年齢のトラックメーカーがオンラインでつながり、コミュニティーを形成し、作り上げた音楽です。この音楽の起源はイギリスのロンドンにあるとされています。2013年頃になると、この音楽自体の存在が認められるようになり、2015年にKlimeks、Skit、Spoze、Nvrmoreなどのプロデューサーによるトラックを収録したコンピレーション アルバム wave 001がリリースされ、公に認知されるようになりました。2016年にはこれに引き続き、wave 002がリリースされています。

J:COM

2016年以降はWave Musicのライブイベントなども開催されるようになりロンドンを筆頭に観客が多く訪れています。そして2017年頃になるとこのジャンルはさらに変化を遂げることになります。オーストラリアのプロデューサーSkelerとYthoはトランスとハードスタイルの要素を取り入れ始め、このWaveに融合させる音楽を作ったのです。

クラブでも流れるWave

Waveは、もともと未成年が製作した音楽であり、クラブミュージックというものをそもそも知らない人たちが製作しているジャンルであるにもかかわらず、クラブに普及していった音楽です。WaveはVaporwaveの雰囲気をベースにして、DubstepやTrapの要素をかなり取り入れており、2020年代にはトランスなどの要素も取り入れられるようになりました。UKの大物DJや、有名クラブだけでなく、現在はネットを通じて、ヨーロッパ全土、そしてアメリカやカナダなどにも伝播しておりさらなる流行の可能性があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました