Instrument

スポンサーリンク
Instrument

フランス楽器の歴史:サリュソフォーン 木管楽器

オーケストラ楽器のなかでサリュソフォーンをイメージできる人はかなりのオタクとみてまちがいないです。サリュソフォーンはとても古い楽器で、近代に制作されましたが、現代ではホトンと使われることもないような古い楽器です。これは木管楽器に相当しており、姿を見ると金管楽器のようにも見えてきます。
Instrument

【南米楽器の歴史:アゴゴ】民族楽器

アゴゴとは、ラテン音楽などで使用される打楽器の一つですが、あまり知られていないことが多いです。打楽器自体がそれほど目立たないということもありますが、そもそもこの楽器の名前が何なのかすら知らない方が多いのです。アゴゴベルとカウベルを間違えてしまう方も多いのでその違いについてもまとめています。
Instrument

【オーストリア楽器歴史:コントラファゴット】オーケストラ楽器

コントラファゴットと言う楽器を知っていますか?オーストリアのウィーンで生まれたこの楽器はオーケストラ楽器としてしばしば利用されることがありますが、知っている方はそれほど多くないです。この楽器は木管楽器の一つとなり、ファゴットの倍の大きさを持っている巨大な楽器です。
Instrument

【モンゴル楽器歴史】ヤトガ : 民族楽器

ヤトガと言う楽器はあまり知らない人が多いでしょう。それもそのはずで、この楽器はモンゴルの民族楽器であり、モリンホールに比べれば明らかにマイナーな楽器の一つになります。ヤトガはモンゴル民族の間ではよく知られている楽器で、主にモンゴル国や中国内モンゴル自治区で演奏される楽器になっています。
Instrument

【アメリカ楽器の歴史:ザフーン】木管楽器 ポケットサックス

ザフーンはポケットサックスと言われています。音色はほぼサックスそのものになるため、全く同じ楽器に見えてしまいます。しかしこの楽器の作成者はサックスとは違います。作成者はハワイ人になるのです。
Instrument

【日本楽器の歴史】トンコリ:弦楽器

トンコリとは、アイヌ民族に伝わる伝統楽器で、民族楽器に相当します。トンコリは弦楽器に分類されており、アイヌ人のなかでは「カー」と呼ぶ人も多いです。トンコリは5つの弦から構成されており、これを極めるためには相応の練習を必要とされます。独特の音楽、演奏法は、トンコリによって表現されるのです。
Instrument

【楽器の歴史:日本】ヴィオリラ:弦楽器

ヴィオリラという楽器は日本人以外はあまり知らないといえるかもしれません。というのも、この楽器は日本で生まれた楽器ですが、それほど認知度の高い楽器とは言えないからです。ヴィオリラは世界の楽器メーカーの一つであるヤマハによって生み出された弦楽器です。ヴィオリラは、大正琴とそっくりの外見ですが、色々違いがあります。
Instrument

【ドイツ:楽器歴史】ヘルマンハープ:現代楽器

ハープといえば、とても古い歴史を持った楽器と思う方は多いでしょう。しかしハープも新種が登場しています。それがヘルマンハープなのです。ヘルマンハープはドイツで登場した新種のハープであり、それもつい最近生まれたばかりの楽器なのです。そのため、余り認知度も高くないのですが、注目されている楽器でもあります。
Instrument

【ベトナム:楽器の歴史】ダンバウ :民族楽器

ダンバウとはあまりきいたことがないかもしれません。この楽器はベトナムの伝統楽器であり、古来のベトナム人が使っている楽器の一つになります。この楽器は弦楽器に分類され、弦は1本だけというかなり珍しい特徴を持っている楽器なのです。
Instrument

ハンガリー楽器の歴史:ツィンバロム 打弦楽器

ツィンバロムとは、ハンガリーの民族楽器です。ツィンバロムはヨーロッパの東部地域に当たるハンガリーやルーマニア、オーストリアなどに伝播した楽器で、台形の箱に張った金属製の弦を叩いたり弾いたりすることで音が出ます。近代のヨーロッパオーケストラではこの楽器が良く使われていました。
スポンサーリンク