フランス

スポンサーリンク
Instrument

フランス楽器の歴史:サリュソフォーン 木管楽器

オーケストラ楽器のなかでサリュソフォーンをイメージできる人はかなりのオタクとみてまちがいないです。サリュソフォーンはとても古い楽器で、近代に制作されましたが、現代ではホトンと使われることもないような古い楽器です。これは木管楽器に相当しており、姿を見ると金管楽器のようにも見えてきます。
General

【世界音楽市場と音楽ジャンル】フランスの新ジャンル:アフロ・トラップ

フランスは世界の音楽市場で第5位の国。大きな市場を持ち、アフリカ系移民も多いことから、アフリカの文化も浸透してきています。そんなフランスも世界的なヒップホップ、ラップの流行が進んでおり、これらの影響を近年強く受けるようになっています。そんな中で生まれたジャンルがアフロ・トラップ。アフリカ音楽との融合で生まれた新ジャンルで、とても流行してきているのです。
Audition

【オーディション】歌手になるには? 盲目で音楽家になった人たち フランス編

歌手になることはとても大変です。需要が少ない職業で、供給はいくらでもされることから、非常に争いの激しい厳しい世界です。しかしこの職業に憧れる人は男女問わず、年齢問わず常にいます。今から歌手になりたい人たちはこれからたくさんの壁を乗り越えていかねばなりません。時には精神的に崩れてしまうこともあるでしょう。そんなときはこの記事で紹介する彼らの人生から不屈の精神を養ってください。盲目でも音楽家にはなれるのです。
Live Venue

【ヨーロッパライブ会場】フランス パリ : フィルハーモニー・ド・パリ

フィルハーモニー・ド・パリはフランスのパリにある有名なコンサートホール。パリ管弦楽団の本拠地になっており、座席数は2400あります。フランスを代表する建築家ジャン・ヌーヴェル氏による近代的デザインで外観・内装共に流線形がアクセントとなっています。
Live Venue

【ヨーロッパライブ会場】フランス パリ : スタッド・ド・フランス

スタッド・ド・フランスはフランス代表のサッカーチームが本拠地にしているスタジアムで、サッカースタジアムとして知られています。しかしこのスタジアムはラグビーでも使用されており、ワールドカップの会場にもなりました。
Audio

【オーディオ】フランスイヤホン・ヘッドホンメーカーおすすめ

フランスのイヤホン、ヘッドホンメーカーは多数あります。そのなかでも有名な会社のヘッドホン、イヤホンは世界的に評判がよく、高品質であることが知られています。そのなかでもFocalなどのイヤホンは認知度も高くとても性能の高いオーディオ製品を製造していることで知られています。
Instrument

【フランス楽器歴史】チェレスタ : 鍵盤楽器

チェレスタはパリのオルガン製作者、オーギュスト・ミュステルが考案した楽器です。鍵盤があり、大きさも形もオルガンのようですが、音はまったく異なります。チェレスタの鍵盤の下には金属の音板が二段になって入っており、その上に音板を打つハンマーが並んでいます。
Live Venue

【ヨーロッパライブ会場】フランス パリ : ベルシー・アリーナ

ベルシー・アリーナはフランスのパリにあるライブ会場です。1984年に開場されて以来、陸上の世界選手権、WWEプロレス公演、世界ハンドボール選手権、プロボクシングなど、コンサートに限らず、スポーツでもよく使用される会場として知られています。
Instrument

【フランス楽器歴史】ホルン : オーケストラ楽器

ホルンは16世紀から17世紀ごろのフランスで生まれたといわれています。いまでは世界で多数のメーカーが製造しており、オーケストラにおける花形楽器と呼ばれています。ホルンはまるで巻貝のような形状をしているため、とても特徴的で目立つ楽器でもあります。
Musician Background

[フランス] Musician Background : DJ Snake

DJ Snakeはフランスのレコードプロデューサー、DJ、ソングライターです。 彼は2013年に「TurnDownforWhat」のシングルをリリースすることで注目を集めました。彼は2013年にシングル「BirdMachine」と「TurnDownforWhat」で国際デビューしました。
スポンサーリンク