ヨーロッパ

スポンサーリンク
Live Venue

【ヨーロッパライブ会場】スイス ルツェルン : カルチャー・コングレスセンター・コンサートホール

カルチャー・コングレスセンター・コンサートホールはスイスのルツェルンにある有名なコンサートホール。コンサートホールは、世界トップクラスのオーケストラや指揮者が集う、ルツェルン音楽祭のメイン会場となっています。ルツェルン・カルチャー・コングレスセンターにはこのコンサートホールのほか、ルツェルンホール、オーディトリウムなど大小さまざまな会議やコンヴェンションに対応できる設備が揃っています。
Live Venue

【ヨーロッパライブ会場】フィンランド ラハティ : シベリウス・ホール

シベリウス・ホールはフィンランドのラハティにある有名なコンサートホール。作曲家であるシベリウスの名前にちなんで名づけられたコンサートホールです。音響を第1に考えて作られ、ホールの容積に比較して座席数が少なく、その事が余計に音響効果に優れた要素になっています。
Live Venue

【ヨーロッパライブ会場】ドイツ ベルリン : ベルリン・フィルハーモニー

ベルリン・フィルハーモニーはドイツのベルリンにあるコンサートホールです。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地になっており、クラシック音楽などのコンサートに使用されています。この会場にはパイプオルガンが設置されております。1963年に開場されて以降、メインはクラシックのコンサートになります。
Live Venue

【ヨーロッパライブ会場】オーストリア ウィーン : ウィーン・コンツェルトハウス

ウィーン・コンツェルトハウスはオーストリアのウィーンにあるコンサートホールです。クラシック音楽用のコンサートで使用されており、1913年に建設されました。リヒャルト・シュトラウスがコンサートで使用した場所として知られています。現在はウィーン交響楽団の本拠地になっており、クラシック音楽のコンサートがメインになっています。ポップスのライブではあまり使われる頻度が少ないです。
Live Venue

【ヨーロッパライブ会場】ドイツ ハンブルク : エルプフィルハーモニー・ハンブルク

エルプフィルハーモニー・ハンブルクはドイツのハンブルクにある有名なコンサートホール。NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団の本拠地になっており、クラシックコンサートを中心に開催されています。
Live Venue

【ヨーロッパライブ会場】イギリス ロンドン: ロイヤル・アルバート・ホール

ロイヤル・アルバート・ホールはイギリスのロンドンに位置する有名なコンサートホール。イギリスのヴィクトリア女王の夫であるアルバート公に捧げられた演劇場。クラシック音楽で使われることもあれば、ポップスのコンサートでも使用されることのある劇場です。
Live Venue

【ヨーロッパライブ会場】フランス パリ : フィルハーモニー・ド・パリ

フィルハーモニー・ド・パリはフランスのパリにある有名なコンサートホール。パリ管弦楽団の本拠地になっており、座席数は2400あります。フランスを代表する建築家ジャン・ヌーヴェル氏による近代的デザインで外観・内装共に流線形がアクセントとなっています。
Live Venue

【ヨーロッパライブ会場】ドイツ ミュンヘン : ミュンヘン・オリンピアシュタディオン

ミュンヘン・オリンピアシュタディオンはドイツのミュンヘンにある陸上競技場です。ワールドカップ決勝戦を開催したスタジアムとして知られており、ドイツのサッカーブンデスリーガでも使用されています。またサッカー以外にもコンサートの開催をはじめ、陸上競技大会やスキーなども開催しており、近年はより多目的化されているスタジアムと言えるでしょう。
Live Venue

【ヨーロッパライブ会場】ノルウェー オスロ : ウレヴォール・スタディオン

ウレヴォール・スタディオンはノルウェー、オスロにある有名なサッカースタジアムです。サッカーのノルウェー代表が常に使っているスタジアムで、サッカーで有名です。このスタジアムは1926年にオープンし、25000人収容できます。
Live Venue

【ヨーロッパライブ会場】ポルトガル エスタディオ・ド・ドラゴン

エスタディオ・ド・ドラゴンポルトガルの大都市ポルトにあるサッカースタジアムです。このスタジアムはプロサッカーチームであるFCポルトの本拠地スタジアムです。普段はサッカーの試合で使われている場所ですが、音楽のライブ会場としても使用されている場所です。
スポンサーリンク